NFTメタバース企業Anifieとフォント界の巨人「モリサワ」が組んで業界初のNFTフォントを発行

米国NFTメタバース企業であるAnifie, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表取締役:岩崎洋平、以下Anifie)は、日本国内でフォント市場シェアトップの「モリサワ」の米国拠点である『Morisawa USA』が、今後メタバース市場においてNFTフォントの新規発行及び作成するためのサポートを行うと発表した。

どのような経緯?

インスタグラムなどの既存SNSでは伝達手段としてフォントを工夫することが多く、メタバースでも進出するブランド毎のフォントに対する重要性が想定され、『Morisawa USA』が今後NFTフォントのパイオニアになるための協業であるとの事。

NFTフォント第一弾の発表

MorisawaUSAは、メタバース空間上で利用出来るNFTフォントとしては世界初(*1)の試みとして“CrypType” (*2)をNFTマーケットプレイスの「OpenSea」にリリースしました。
またAnifieとMorisawaUSAは、今後もNFTフォントがNFTメタバース空間で利用できるよう協議を続けていくとの事です。

*1 Morisawa USA社調べ
*2 プロトタイプ

Anifie
出典:公式リリース
Anifie
出典:公式リリース

関連情報

会社概要

米国発のNFTメタバースのスタートアップ。コンテンツを保有するブランド企業に、ホワイトレーベルなどの形でNFTやメタバースを用いた新しいマネタイズの機会を提供し、顧客のROIの向上を目指している。スタンフォード大学のアクセラレーター「StartX」に参加。代表取締役の岩﨑洋平は、連続起業家でスタンフォード大学からMBAとMSを取得し、エグジットの経験がある。ハリウッドの重鎮がフルタイムで参画している。

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間