VRデバイス「VIVE Focus 3」が家電のお試しサービスRentioでレンタル開始

HTC NIPPON株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:児島 全克)は、同社の最新オールインワンタイプVRデバイス『VIVE Focus 3』のレンタルを、家電のお試しサービス「Rentio(レンティオ)」にて開始したと発表しました。

レンタル費用は、7泊8日で9,980円(税込)となっており、利用後に差額を払うことでそのまま購入も可能。

『VIVE Focus 3』の紹介

2021年6月に発売された、VIVEの最新オールインワン・スタンドアロンタイプVRヘッドセット。
5Kの解像度、120°の視野角、90Hzのリフレッシュレートを誇り、ワイヤレスでVRコンテンツをストリーミング可能。
パソコン・トラッキング用センサー不要で様々なVRコンテンツを利用できる。

VIVE Focus 3公式Webサイト

出典元:VIVE JAPAN公式YouTube

家電のお試しサービス「Rentio(レンティオ)」

3,000種類以上のカメラや家電などを全国往復送料無料でお試しできるレンタルサービス。
購入する前に実際に試すことができ、試した後に気に入ればそのまま購入も可能。

Rentio公式Webサイト

HTC VIVE®について

HTC VIVE®は、企業や消費者に真のVR体験を届ける最高のVRプラットフォームとエコシステム。VIVEエコシステムは、プレミアムVRハードウェア、ソフトウェア、コンテンツを中心に構築されている。VIVEビジネスには、クラス最高のXRハードウェア、VIVEPORTプラットフォーム、アプリストアが含まれ、ビジネス顧客向けのVIVEエンタープライズソリューション、ビジネスアクセラレータであるVIVE X、VIVE STUDIOS、エンターテイメント、ゲーム、エンタープライズコンテンツスタジオ、そして文化的なイニシアティブであるVIVE ARTSなどがラインナップされている。

VIVE公式Webサイト

VIVE Japan Twitter

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間