メタバースの安全性に関するガイドライン策定を開始!メタバース推進協議会とセキュアIoTプラットフォーム協議会

一般社団法人メタバース推進協議会(東京都千代田、代表理事 養老孟司)と一般社団法人セキュア IoT プラットフォーム協議会(東京都港区、理事長 辻井重男)は、アカウントの乗っ取りやなりすましによる不正利用など、メタバース空間における様々なセキュリティリスクに対処するため、両協議会が連携し、セキュリティガイドラインの策定を開始したと発表しました。

関連:日韓でメタバースの事業推進を協力!国際メタバース協議会が発足

メタバース用語集: メタバース関連用語はこちらをご覧ください

メタバースを取り巻く環境が急速に進展し、法整備の必要性とともにセキュリティリスクの存在が懸念されており、アカウントの乗っ取りやなりすましによる不正利用、知財やデータの改ざん・流出、IoTデバイスに対する攻撃など、様々なセキュリティリスクへの対応するため、両協議会が連携し、2022年秋を目途にメタバースセキュリティガイドラインのリリースを目指すとのこと。

先日、NPO法人バーチャルライツが韓国の団体と共に「国際メタバース協議会」を発足し、文化や権利、商業的な側面から国際的なルール作りを行なうと発表するなど、複数の団体からメタバースに関するガイドライン策定の発表があるなか、セキュリティ面の整備は緊急課題とされ、同ガイドラインのリリースが期待される。

一般社団法人メタバース推進協議会

当協議会は、メタバースは単一的なサービスに留まらず生活文化を形成、醸成していくものと捉えています。現実社会の人々の生活・営みをより豊かにするために“人のあるべき姿”を考え、新たな世界の形成が、現実社会の生活文化の健全な発展を目指します。
新たな生活文化を浸透させるためには、単一的なステークホルダに依存するのではなく、現実社会を支えている皆様と共に、“新たな世界としてのメタバース”を作り育てていきたいと考えています。
様々な企業・団体と連携しながら、人々の生活に根づくメタバースに向けた活動を推進していきます。(引用:公式発表)

一般社団法人メタバース推進協議会:公式サイト

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会

セキュアIoT プラットフォーム協議会は、DX推進による変革を見据えて、日本の産業界の知見を集約することにより、IoTをはじめサイバーセキュリティ全般に関連する脅威を排除し、安心・安全な新社会基盤を創出する活動を展開します。特に国際標準や国の指針に定義されているセキュリティ要件を具現化するための実装レベルのガイドライン作りと標準化活動、ならびにそれらの普及促進を目的とした広報活動を推進します。(引用:公式発表)

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会:公式サイト

問い合わせ先

一般社団法人メタバース推進協議会 事務局

担当:市川(いちかわ)、小水(こみず)
メール:jimu@jmpc.jp

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 事務局

担当:白水(しろうず)、江辺(えべ)
メール:info@secure-iot.org

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間