テレビ局を体験できる「テレビ局特化型メタバース」が『Interop Tokyo2022』に出展

株式会社YE DIGITAL(北九州市小倉北区、代表取締役社長:玉井 裕治)は、テレビ局のスタジオ見学や観覧などをバーチャル上で体験できる、テレビ収録スタジオをメタバース化した「テレビ局特化型メタバース」を、2022年6月15日(水)~17日(金)の3日間、「幕張メッセ」で開催される「Interop Tokyo2022」に出展すると発表しました。

関連:「メタバース×インフルエンサーM」総合展示会『VCTEC 2022』をDMM.comと日本テレビグループが共同開催

テレビ局特化型メタバースとは?

メタバース上にテレビスタジオを再現し、視聴者はVRゴーグルを利用して現実の収録スタジオにいるような没入感を体験することや、スマートフォンで気軽にテレビコンテンツを楽しむことができる仮想空間サービス。

収録中、視聴者の視界には出演者に関する衣装や飲み物などの情報が表示され、スポンサーサイトにリンクするなど、視聴者が知りたい情報にすぐにアクセスできる環境を提供。

またグループ機能を利用してコミュニケーションを取ることが可能となっており、ファンミーティングや限定ライブなどのオリジナルコンテンツも楽しめるようになっている。

テレビ局特化型メタバース
出典元:公式発表

展示概要

名称:Interop Tokyo2022
開催日時: 2022年6月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00 ※最終日のみ17時まで 
会場場所: 幕張メッセ 国際展示場ホール5 
ブース番号: 5S09 
運営:一般財団法人インターネット協会 / 株式会社ナノオプト・メディア 

Interop Tokyo2022公式サイト

メタバース用語集

会社概要

株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)

設立:1978年2月1日
代表者:代表取締役社長 玉井裕治
本社所在地:福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号
沿革:
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転

株式会社YE DIGITAL公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間