デジタルツインプラットフォーム開発強化に向けてDataMeshがシリーズB2ラウンドで資金調達を実施

米DataMeshグループの日本法人であるDataMesh株式会社(東京都中央区、代表者:王暁麒)は、シリーズB2ラウンドにおいて、既存提供サービス「DataMesh Director」や、今後リリース予定のデジタルツインプラットフォーム「FactVerse」の開発及びマーケティング強化に向けた資金調達実施を発表しました。

リリース時点で金額などは公表されていないが、新規投資家として、リードインベスターのSIG Asia Investment, LLLP、Singtel Innov8、グローバル・ブレインの3社が新規引受先としている。

メタバース用語解説

「DataMeshグループ」とは?

Microsoft本社でOffice365 SharePointのプロダクトマネージャーを務めた「Jie Li」氏により、2014年米国シアトルにて創業。
今後はグローバル展開を加速するため、グローバルHQをシンガポールへ移転するとのこと。

日本法人であるDataMesh株式会社は、2017年より営業活動を開始しており、株式会社NTTドコモ主催の「docomo 5G DX AWARDS 2021」にて最優秀賞を受賞するなど、「XRの民主化」をコンセプトに法人領域におけるXRソリューションの提供を行っている。

DataMesh株式会社コーポレートサイト

DataMeshグループの今後の方針

同社では、クライアントが本当に求めるメタバース像を「クライアントが有するデータアセット(3DCAD/BIM、IoTデータなどの業務データ)を活用し、仮想空間上で同時多発的に業務シミュレーション及び現実世界のモニタリングを行うことで、作業の効率化とコスト削減を図ること」だとしており、今回の増資を機に、それらを簡単に構築できるデジタルツインプラットフォーム「FactVerse」の開発及びマーケティングの強化を図りながら、法人向けメタバース領域におけるグローバルリーディングカンパニーを目指すとしている。

問い合わせ先

DataMesh株式会社 鹿島田 健将
E-mail: service@datamesh.co.jp

会社概要

DataMesh株式会社

本社:東京都中央区日本橋人形町3-3-5 天翔日本橋人形町ビル404
代表者:王 暁麒
設立:2017年9月

DataMesh株式会社コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間