【メタバースに関する調査結果】メタバース認知度は61%、詳細認知は5%、4人に1人は関心あり

株式会社クロス・マーケティング(東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、2022年8月に実施した、「メタバースに関する調査(2022年)浸透状況編」の調査結果を発表しました。

「メタバースに関する調査(2022年)浸透状況編」では、全国15~49歳の男女4,200人を対象に、メタバースという名称の認知状況、連想ワード、関心度、関連サービス・体験への関心度、暗号通貨/NFTの認知状況などについて調査。

結果として、メタバースという言葉の認知度は61%、メタバースについて詳しく知っているのは各年代およそ5%、4人に1人はメタバースに対して関心があるとしている。

調査結果

メタバースの認知状況(図1)

メタバースという言葉について認知度を調査。61%の認知率となっている。
また理解度(詳しく+ある程度知っている)については年代による差はなく、「聞いたことがある」は年代が上がるほど高くなる傾向を示している。

全体の結果

  • 詳しく知っている:5%
  • ある程度知っている:19%
  • 聞いたことがある:37%
メタバース認知状況

メタバースから思い浮かぶワード(図2)

メタバースから思い浮かぶワードを調査。
純粋想起では、仮想空間が圧倒的に多い結果に。

純粋想起(一部表示)

  • 仮想空間:338件
  • VR:50件
  • 仮想現実:44件
  • Facebook:41件
  • バーチャル:38件

助成想起(一部表示)

助成想起では、『メタバースという言葉を聞いてどのようなことを連想しますか。あてはまるものをすべてお選びください』という質問。

  • 仮想/拡張/複合現実:42%
  • アバター:42%
  • 疑似体験:30%
  • ゲーム:23%
  • 3D:18%

※純粋想起と助成想起:純粋想起は質問に対してヒントなど一切なしに自由に回答を求める測定方法、助成想起は質問に対して予め選択肢などを用意しその中から選択してもらう測定方法。

メタバースから思い浮かぶワード

メタバースへの関心度(図3)

メタバースの説明文を提示し関心度について質問。
24%がメタバースへの関心を示す結果に。
15~19歳は、世代間で最も高い31%の関心度となった。

全体の結果

  • とても関心がある:5%
  • やや関心がある:19%
メタバースへの関心度

メタバースに関連するサービス・体験への関心度(図4)

図3でメタバースへの関心を示した人を対象に、メタバースに関連するサービスや体験を4つに分け関心度を調査。

  • VR機器を使って仮想空間で現実ではできない先鋭的な体験:77%
  • 仮想空間内で暗号通貨・NFTで買い物や労働:68%
  • オンライン上の3D仮想空間で人と交流しながらゲームで遊ぶ:68%
  • 仮想空間内のアバターコミュニティに参加して人と交流:66%
メタバースに関連するサービス・体験への関心度

暗号通貨/NFT認知状況(図5)

メタバースに関連して語られることが多い暗号通貨とNFT(非代替性トークン)に関しても調査を実施。

  • 認知度:暗号通貨が61%、NFTは39%。
  • 理解度:暗号通貨が20%、NFTは13%。
暗号通貨・NFT認知状況

レポート概要

レポートは下記より無料にて入手が可能。
なお、ダウンロードには株式会社クロス・マーケティングの無料会員登録が必要。

レポートのダウンロード

調査概要

  • 調査手法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国47都道府県
  • 調査対象:15~49歳の男女
  • 調査期間:2022年8月26日(金)~8月28日(日)
  • 有効回答数:本調査4,200サンプル
    ※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合あり

レポート項目一覧

  • 調査結果サマリー
  • 属性設問(性別/年齢/性年代/居住地/世帯構成/職業)

会社概要

株式会社クロス・マーケティング

所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
代表者:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
設立:2003年4月1日
事業内容:マーケティングリサーチ事業、マーケティング・リサーチに関わるコンサルテーション

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間