未来のウェディングの形?現実とメタバースが融合した「ハイブリッド型ウェディング」が挙行

メタバースやXR技術の革新により、ウェディング業界でもテクノロジー導入が進む中、2022年11月13日(日)、ホテルニューオータニ大阪 鳳凰の間 Sにて、「シビルウェディング」スタイルの結婚式と、メタバース空間が融合した「ハイブリッド型ウェディング」が執り行われた。

式を挙げたのは、VR/AR/MRソリューション事業を展開する、XR paddle株式会社代表の宮田政典氏で、新婦の加奈子さんと共に「挙式はシビルウェディングで行いたいが、当日出席できない全国の友人たちのために、 メタバースの世界を使ってウェディングを挙行したい」という思いから、メタバースを使った「ハイブリッド型ウェディング」を選択。

ハイブリッド型ウェディングの開催には、XR paddle株式会社のパートナー企業であるAVR Japan株式会社が技術協力し、メタバースプラットフォーム「CORE」を活用することで、新郎新婦によるデザート作りや、新郎新婦の友人によるフラワーシャワーなど、ハイブリッド型ウェディングならではの様々な演出が執り行われた。

メタバースを使ったハイブリッド型ウェディング

今回の式では、メタバースプラットフォーム「CORE」を活用し、アバターとなった新郎新婦が、デザート作りに挑戦。
出来上がったデザートを現実世界でゲストに提供する演出以外にも、新郎新婦の友人がアバターとなってフラワーシャワーを行うなど、現実とメタバースが融合した演出が用意された。

ハイブリッド型ウェディング
出来上がったデザートが現実世界でゲストに提供された

メタバースプラットフォーム「CORE」とは?

没入型トレーニングのための産業用XRコラボレーションプラットフォーム。
いつでも、どこでも、どのデバイスでもメタバースで没入型トレーニングやコラボレーションが可能となっている。

メタバースプラットフォーム「CORE」公式サイト

メタバースプラットフォーム「CORE」

【関連】AVR Japan (株)が「CORE」を第2回 XR総合展【夏】出展

シビルウェディングとは?

シビルウェディング(Civil Wedding)とは、欧米では広く行われている、宗教にとらわれず法律上の婚姻の成立に重きをおいた挙式スタイル。

日本では、全日本ブライダル協会によって提唱され商標登録されており、法律上の結婚成立を第一義に考え、役所が交付する二人の婚姻を認める「結婚届受理証明書」を列席者の前で披露し、婚姻成立を宣言するセレモニーのこと。

シビルウェディング

ハイブリッド型ウェディング協力会社概要

XR paddle株式会社

所在地:兵庫県宝塚市伊子志1丁目7-40 パインマル2F
代表者:代表取締役 宮田 政典
設立:2021年8月

コーポレートサイト

AVR Japan株式会社

所在地:東京都港区芝公園4-4-7 東京タワーメディアセンター3F
代表者:代表取締役 立石 雅之
設立:2016年11月

コーポレートサイト

一般社団法人 全日本ブライダル協会

所在地:東京都港区南青山1-15-18 リーラ乃木坂8F
代表者:会長 桂 由美
設立:昭和44年

全日本ブライダル協会サイト

株式会社アイテラス

所在地:東京都品川区上大崎3-4-6 瑛和目黒ビル301
代表者:代表取締役社長 広瀬 正明

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間