一般社団法人Metaverse Japanが新規事業「METABERTH」の開始時期を4月に変更すると発表

一般社団法人Metaverse Japan(MVJ)は、12月5日にローンチを発表した新規事業『METABERTH』について、開始時期を当初予定していた1月から来年4月に変更すると発表した。

『METABERTH』は、Web3時代のメタバースに特化したインキュベーションプログラム&アカデミアとして、2022年12月1日より募集を開始していたが、より質の高い満足感の高いプログラムにするため、開催時期を2023年4月に変更する。

また、開始時期の変更に伴い募集は一旦停止し、すでに応募した方には募集再開時に先行して案内を行うとしており、募集再開を含む詳細な日程は後日改めて発表する。

【関連】MVJがWeb3時代のメタバース特化インキュベーションプログラム&アカデミア「METABERTH」をローンチ

METABERTHとは?

Meta“Berth”=船の停泊場を意味し、メタバースという広大な未開拓地を目指して航海に出る前に、必要な知識やリソースを積み込むための停泊場として、メタバースの社会実装に向けた課題や未来を学ぶ場を提供。

「METABERTH」公式サイト

開催概要(12月16日時点)

Metaverse Academia&Incubation Program

募集時期:
未定

開催時期:
4月予定(後日発表)

主催:
一般社団法人Metaverse Japan

会場:
WeWork
105-6021 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー 21F

申込詳細:
「METABERTH 公式サイト」を参照

運営組織

一般社団法人Metaverse Japan

所在地:東京都渋谷区猿楽町 17-5 代官山 蔦屋書店 SHARE LOUNGE内
代表者:代表理事 長田 新子、馬渕 邦美
設立:2022年3月14日

一般社団法人Metaverse Japan公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間