簡単に自分の3Dアバターサービスが作れる「AVATARIUM」が東急プラザ渋谷に3月19日から期間限定で登場

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)と株式会社Pocket RD(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籾倉 宏哉、以下Pocket RD)は、東急プラザ渋谷に3Dアバターサービス「AVATARIUM」を期間限定で設置すると発表した。
期間は3月19日(土)から3月27日(日)となっており、「AVATARIUM」は自分の分身であるオリジナル3Dアバターを簡単に作ることが出来るサービス。
アバター自動生成プラットフォームの「AVATARIUM」スキャナーに入り、全身を撮影することにより自分だけのオリジナルアバターが作成でき、作成したアバターは都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」や「バーチャル大阪」で活用できるとの事。
なおスキャナー利用は完全予約制となっており、公式サイトより予約が可能。

AVATARIUM 公式サイト:https://avatarium.jp/

AVATARIUM仕様説明
出典元:公式リリース

AVATARIUM設置場所

設置場所東急プラザ渋谷 7F
住所        :東京都 渋谷区 道玄坂1丁目2-3 渋谷フクラス内
施設HP     :https://shibuya.tokyu-plaza.com/
設置期間   :2022年3月19日(土)~3月27日(日)
予約受付時間:期間中毎日11:30〜20:40

都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」とは?

  • 2020年5月発足の日本初となる自治体公認の都市連動型メタバース
  • KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会が主体
  • 定期的にイベントを開催し、延べ100万人近くが参加実績
  • 第7回JACEイベントアワード最優秀賞、経済産業大臣賞、Spikes Asia 2021 Silverなど様々な賞を受賞

「バーチャル大阪」とは?

  • 2025年大阪・関西万博に先がけ、大阪の魅力や万博の広報を兼ねた都市連動型メタバース
  • 大阪府、大阪市が提供、KDDI、吉本興業、博報堂の「KDDI共同企業体」が主体
  • “City of Emergence”(創発する都市)がテーマ

関連情報

AVATARIUM 公式サイト:https://avatarium.jp/
設置場所東急プラザ渋谷 7F 施設HP:https://shibuya.tokyu-plaza.com/
株式会社Pocket RD: https://pocket-rd.com/

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間