【月額3万円から】メタバースでの法人向けメンタル支援EAPサービス「メンサポドクター」

株式会社comatsuna(本社:東京都渋谷区、代表:吉岡鉱平、以下:同社)は、メタバースを利用した法人向け社員メンタル支援EAPサービス「メンサポドクター」のリリースを発表しました。

「メンサポドクター」とは?

自社の社員がメタバース内で自身のかかえるメンタル的問題や不安などを、アバターを通して産業カウンセラーやキャリアコンサルタントに直接相談できる法人向けサービス。
メンタル支援EAP(Employee Assistance Program)として月額3万円から利用可能。

「メンサポドクター」の特徴

アバターによる対話の効果

メタバースを利用することにより利用者の匿名性が担保でき、アバターを通すことによる面談時の緊張緩和など、利用者の心理的な負担が軽減が可能。

メンサポドクター:アバター同士の会話
出典元:公式発表

プライバシーの確保

実世界で行われている社員向け産業保健窓口では、自身のメンタル的問題が会社側に知られてしまうという不安で利用を控える傾向にあるが、メタバースを利用することにより、予約時に企業を通す必要がなく、プライバシーが保たれる仕組みが採用されている。

また、匿名のまま企業に結果をフィードバックすることが可能となっており、社員のメンタル問題をいち早く検出して離職予防などに活用できるなど、企業側にもメリットが大きいサービスとなっている。

メタバースの導入費用・維持費が不要

「メンサポドクター」で利用するメタバースプラットフォーム「Hubs」は、利用者である社員のアカウント登録などは不要で、メタバース導入時に企業が負担する導入費や維持費もかからない仕様。

またアクセスに関してもマルチデバイス対応となっており、高性能PCやVRデバイスが無くとも、スマホからURLをクリックするだけで簡単にアクセスできるようになっている。

関連URL

メンサポドクター:https://kenko-dx.com

産業医DX:https://sangyoi.co.jp

会社情報

社名:株式会社comatsuna
本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7F
代表者:吉岡鉱平
サイトURL:https://comatsuna.jp

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間