デビッド・ベッカム氏もメタバース参入?「DAVID BECKHAM」の商標出願が判明

米国特許弁護士「Mike Kondoudis(マイク カンドゥディス)」氏の公式Twitterによれば、サッカー元イングランド代表で世界的スターの「デビッド・ベッカム(David Beckham)」氏が、メタバース・NFT関連の商標として『DAVID BECKHAM』を、2022年4月19日付で米国特許商標庁(USPTO)に出願したと述べています。

同氏によると出願内容から以下の3つの将来的なプランが想定できるとの事。

  1. NFT関連商品及びデジタルトークンへの利用
  2. バーチャルアバターに利用する服、靴、ヘッドギアへの利用
  3. バーチャル・パフォーマンスや娯楽イベントでの利用
出典元:Twitter@KondoudisLaw

ベッカム氏とメタバース

ベッカム氏のテック系に関するニュースと言えば、2022年3月にブロックチェーンプロトコル『DigitalBits』のグローバルアンバサダーに就任して話題となりましたが、就任時のコメントで「将来的にはNFTコレクションや更なるイノベーションに取り組むことにとても興奮している」(引用元:DigitalBits公式)と述べており、そう遠くない将来、同氏のアバターがメタバース内で登場するのに期待です。

https://twitter.com/DigitalBitsOrg/status/1506993487325155328
出典元:DigitalBits公式Twitter@DigitalBitsOrg

米国特許商標庁(USPTO):DAVID BECKHAM出願情報

米国特許商標庁データベース(外部リンク)

関連情報

米国特許弁護士事務所 Michael E. Kondoudis

https://www.mekiplaw.com/

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間