複合現実(MR)技術を利用した遠隔会議システム「WHITEROOM」が大幅アップデート

南国アールスタジオ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:秦勝敏、以下同社)は、同社が開発するMixed Reality(複合現実)技術を利用した遠隔会議システム「WHITEROOM(ホワイトルーム)」が、iOSやVRデバイスで仮想空間に簡単に参加できるようになるなど、企業向けメタバースプラットフォームとして大幅なアップデートを実施したと発表しました。
これにより、企業が手軽にVirtual Transformationの導入が可能となるとの事です。

「WHITEROOM」とは?

WHITEROOMはMixed Reality技術を活用した企業向けメタバース基盤です。ネットワーク環境があれば、どんな場所からも、様々なデバイスでアバターとして会議に参加でき、3Dモデル、オフィスドキュメント、PDF、画像、動画などを共有しコミュニケーションすることができます。WHITEROOMを使えばまるでSF映画のようなハイブリットワークが可能です。
三菱重工業株式会社様をはじめ、国内大手製造業、教育機関に導入されております。

公式HP:https://whiteroom.business/

出典元:南国アールスタジオ株式会社公式YouTube

アップデートの内容は?

主に以前より要望が強かったVR参加や同時翻訳機能のアップデートを実施。

  • VR参加機能
  • シーン機能・360度画像背景機能
  • 同時翻訳機能(β)
  • オーサリング機能(β)
  • その他(付箋機能・点群表示機能)

VR参加機能

iPadやMetaQuest2で手軽にどこからでもバーチャル空間に参加できるようになりました。これまでのMR参加とあわせて同じバーチャル空間でコミュニケーションが可能です。

遠隔会議システムWHITEROOM:VR参加機能
出典元:公式発表

シーン機能・360度画像背景機能

VR参加の場合は、背景の3Dシーン(会議室やセミナールーム、アウトドア等)が選べます。360度画像の設定も可能です。

遠隔会議システムWHITEROOM
出典元:公式発表

同時翻訳機能(β)

異なる言語の場合、吹き出しでリアルタイム翻訳を吹き出し表現で表示します。同時翻訳で海外とのコミュニケーションも円滑に(現状日英のみ対応)

遠隔会議システムWHITEROOM:同時翻訳機能
出典元:公式発表

オーサリング機能(β)

オーサリング機能で、空間をノーコードで思いのままに。重要なプレゼンやイベント、教育コンテンツの作成に役立ちます。

遠隔会議システムWHITEROOM:オーサリング
出典元:公式発表

その他(付箋機能・点群表示機能)

付箋機能でブレーンストーミングや、点群表示機能(α)でよりリッチなバーチャル体験を実現します。

遠隔会議システムWHITEROOM:付箋機能
出典元:公式発表
遠隔会議システムWHITEROOM:点群表示
出典元:公式発表

料金プラン

今回のアップデートより料金改定。

遠隔会議システムWHITEROOM:料金表
出典元:公式発表

お問い合わせ先

WHITEROOMについての詳細説明、デモ、トライアルのご要望など、お問い合わせは下記フォームよりお気軽にリクエストを頂けますようお願いします。
問合せ先:https://whiteroom.business/inquiry

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間