デジタル・アセット事業会社「Amber Group」がWeb3対応プラットフォーム『Openverse』を2022年夏に開始

シンガポールに本社を置くデジタル・アセットのユニコーン「Amber Group(アンバー グループ、以下:同社)」は、2022年第三四半期に、クリエイター、ブランド、ビジネス向けのWeb3対応プラットフォーム『Openverse(オープンバース)』のサービスを開始し、メタバース事業に参入すると発表しました。

Openverseは、同社の持つデジタルアーキテクチャ及びブロックチェーン基盤技術を活用する事により、Web2クリエーター、ブランド、企業がメタバースへワンストップで参入できるためのツールとして提供される。

Openverse(オープンバース)とは?

最先端のリアルタイム3Dレンダリングテクノロジーを利用して、ユーザーに没入型のデジタル体験を提供するWeb3対応プラットフォーム。
モバイル、デスクトップ、VRデバイスからアクセス可能となっており、現時点で判明している提供予定のサービスは以下の通り。

1:リアルタイムのコンテンツ・エンゲージメント
2:ゲームプレイ
3:カスタマイズが可能なデジタルアバター
4:NFT評価システム

出典元:Openverse公式ツイッター

<NexTech Week2022【春】で初披露>

2022年5月11日(水曜)~13日(金)まで東京ビッグサイトで開催中の「NexTech Week2022【春】」に出展

出典元:Openverse公式ツイッター

Amber Groupとは?

元モルガン・スタンレーのトレーダーを中心に設立されたデジタルアセットのリーディングカンパニー。
アジア、ヨーロッパ、南北アメリカにオフィスを構え、運用資産額は5,000億円超。
創業以来の累積取引高も100兆円を超える。
同社日本法人はWhaleFin Holdings Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:李依錦)。

Amber Group公式サイト
Amber Group公式ツイッター

関連情報

Openverse公式サイト
Openverse公式ツイッター

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間