世界のGDPを2.8%押し上げ!10年後にメタバースは世界経済に大きく貢献【米コンサルティングレポート】

米ボストンを拠点とする経済コンサルティング会社「Analysis Group(アナリシス グループ)以下:同社」は、Meta社(旧Facebook社)が資金提供した同社レポート【The Potential Global Economic Impact of the Metaverse(訳:メタバースがもたらす世界経済への影響)】の中で、メタバースがこのまま過去のモバイルテクノロジーの進化と同じような道を歩んだ場合、10年後の2031年には世界のGDPに対し3兆ドル(約390兆円)の規模で寄与する可能性があり、これは世界のGDP2.8%に相当すると述べています。

レポート

The Potential Global Economic Impact of the Metaverse(PDF)

※本記事は上記レポートに関して、同社より公式リリースがあった『10年後のメタバースが世界経済に及ぼす影響』部分について記述

どのような内容?

▼メタバースで成長する分野を検証

モバイルテクノロジー同様、メタバースは広範囲での用途が考えられ、例えば教育、医療、製造業、職業訓練、通信、娯楽、小売り業など、幅広く活用される可能性を指摘。

▼10年後の経済分析に関する根拠

現在のメタバースの状況は、モバイルテクノロジーが既存のテクノロジーと初期のイノベーションを組み合わせて発展を遂げた状況と似ていることから、革新的なテクノロジーの開発サイクルの検証と数年にわたるモバイルテクノロジーの開発や導入に関する公開データを参考にして今回の分析を行った。

2031年時点におけるメタバースの各地域及び世界GDPへの貢献度

※2022年開始の場合
※1ドル130円で算出

地域地域別GDPシェア経済規模日本円換算
アジア太平洋(APAC)2.3%1.04兆ドル135兆2千億円
アメリカ2.3%5600億ドル72兆8千億円
ヨーロッパ1.7%4,400億ドル57兆2千億円
中東、北アフリカ、トルコ(MENAT)6.2%3,600億ドル46兆8千億円
ラテンアメリカ(LATAM)5.0%3,200億ドル41兆6千億円
インド4.6%2,400億ドル31兆2千億円
アフリカ:サハラ砂漠以南(SSA)1.8%400億ドル5兆2千億円
カナダ0.9%200億ドル2兆6千億円
世界経済全体2.8%3.01兆ドル391兆3千億円

会社情報

<Analysis Group>

米マサチューセッツ州ボストンに本部を置き、北米、ヨーロッパ、アジアに14のオフィスと1000名を超える専門家を有する世界的な経済コンサルティング会社のひとつ。

Analysis Group公式サイト

<問い合わせ先>

Eric Seymour
(+1)978-273-6049
eric.seymour@analysisgroup.com

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間