前澤友作氏『Web3とメタバース』向けに100億円規模の投資ファンド「MZ Web3ファンド」設立を発表

ZOZO創業者の前澤友作氏が代表取締役を務める株式会社前澤ファンド(本社:東京都港区)は、5月27日、Web3とメタバース向けに総額100億円規模の投資ファンド「MZ Web3ファンド」(以下同ファンド)を設立したと発表しました。

同ファンドは、web3やメタバース関連事業を行う企業や団体を対象に、チケットサイズは数百万から数億円となっており、主にシードからアーリーステージ(※)が対象としているとのこと。

また、同ファンドの特徴として「審査通過後1週間以内に投資の意思決定及び資金提供が可能」、「投資先企業のプロモーションやマーケティングを支援」、「テクノロジーやクリプト領域の専門家による事業立上支援」と、シードからアーリーステージの企業やプロジェクトにとって、必要な部分の支援をあげている。

前澤氏は『Web3.0とメタバースによって、今までスポットの当たらなかった人や場所に光を当てることができるかもしれない。今までのお金ではない新しいお金が生まれるかもしれないWeb3の世界。自分ではない自分が生まれるかもしれないメタバースの世界』と述べており、『「わかっている人」たちだけで閉ざさない、「わからない人」たちも巻き込んだ、新しい世界の地平線へ、僕たちとともに向かいましょう。(引用元:MZ Web3 ファンド公式)』と結んでいる。

この前澤氏の言葉こそが、日本のWeb及びメタバースの進化に不可欠かもしれなく、同ファンドに期待せずにはいられない。

※シードステージとは、ベンチャー投資における成長区分(シード、アーリー、ミドル、レイター)のうち、主に起業前から起業までの時期を指す。アーリーステージはシードの次のステージで起業直後を指す。

「MZ Web3ファンド」特徴

  1. 審査通過後、1週間以内に投資の意思決定及び資金提供可能
  2. 投資先企業のプロモーションやマーケティングを支援
  3. テクノロジーやクリプト領域の専門家による事業立上支援

「MZ Web3ファンド」概要

▷ 投資総額:100億円

▷ 投資先対象

 ◆ 毎日Web3.0関連領域における事業を行う企業や団体

 ◆ VR/AR/xR等の技術を活用したプロダクトやサービスを提供する企業

▷ 主な対象ステージ : シード〜アーリーステージ

▷ チケットサイズ : 数百万円〜数億円(マイノリティ投資からリード投資まで柔軟に対応)

▷ 投資方法(株式投資 / NFT /トークン投資)

公式Webサイト

公式ツイッター

投資までの流れ

1:資料提出

2:書類審査

3:面談

4:投資実行

応募方法

応募方法は所定のフォームから下記の資料を用意する必要がある。

応募詳細については、『公式サイト』を参照のこと。

◎ 個人情報

◎ 事業内容サマリー

◎ 身元証明書

◎ ピッチ資料

応募書類送付先

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間