【福岡ソフトバンクホークス】PayPayドームがメタバース化!AR(拡張現実)を使ったイベントも開催

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表者:宮内 謙、以下ソフトバンク)は福岡ソフトバンクホークス株式会社と協業し、福岡PayPayドーム(以下:PayPayドーム)を2022年5月27日よりメタバース化すると発表しました。

「バーチャルPayPayドーム」はソフトバンクが提供するコンテンツサービス「5G LAB」のラインアップとして提供予定で、その他に『現実空間におけるメタバースの取り組み』として、PayPayドームの来場者がAR(拡張現実)を使った新たな体験が出来るコンテンツの提供も予定している。

関連(他の携帯会社のメタバースへの取り組み):

【NTTドコモ】NTTドコモのメタバース「XR World」へVR法人『HIKKY』が企画・制作・開発パートナーとして参画

【KDDI】バーチャル渋谷にてJAL客室乗務員がアバターの操作方法をガイドしてくれる!バーチャル大阪観光も

「バーチャルPayPayドーム」とは?(5月27日より提供開始)

スマートフォンなどのブラウザからアクセスし、3Dアバターを使って以下のような事が楽しめる。
また順次再現空間の拡張を予定しており、野球以外での利用も予定。

  • ドーム内を自由に散策でき、選手のロッカールームに入ることも可能
  • 野球観戦でおなじみの「ジェット風船を飛ばす」アクション
  • ユーザー同士がチャットを使ってコミュニケーションを取ることができる
  • 試合中に投手の投球解析を行い、ほぼリアルタイムでボールの軌跡をバーチャル空間に再現
  • 将来的に現実空間で行われる福岡ソフトバンクホークスの試合をまるごとバーチャル空間で配信予定
  • 野球以外にもコンサートなどのエンタメコンテンツを「バーチャルPayPayドーム」で再現予定

バーチャルPayPayドーム公式Webサイト

ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業してPayPayドームをメタバース化
出典元:公式発表

現実空間におけるメタバースの取り組み(5月27日~29日開催)

こちらは現実空間でPayPayドームへの来場者を対象に、5月27日から29日までの期間、現実空間におけるメタバースの取り組みとして、VPS(※1)を活用したARイベントを実施。

5G LAB公式Twitter

5G LAB公式Webサイト

<実施イベント>

  • ドーム外周デッキの7ゲート付近で、ソフトバンクホークス公式VTuberの鷹観音海(たかみね・うみ)と有鷹ひな(ありたか・ひな)がスマホ越しにARで登場(※2)
  • 「うみひな」の動きをモーションキャプチャーによってARでリアルタイムに再現し、双方型のリアクションを提供
  • 「PayPayドームツアー」の「練習見学コース」参加者は、練習中のグラウンドにスマホをかざすと、練習中の選手スタッツ情報が表示され、実際の投球に重ねると球速や軌道などの投球解析情報が表示されたり、空中を飛行船が進んだりする様子をAR

※1:Visual Positioning Service/Systemの略。画像から位置を測定するサービスもしくはシステム

※2:「うみひな」のARを体験できる時間は「5G LAB公式Twitter」で要確認

ソフトバンクホークス公式VTuber
出典元:公式発表
参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間