イマクリエイトとリプロライフ、卵子を凍結保存する高度生殖医療技術を実践練習できる「バーチャル空間」を開発

イマクリエイト株式会社(本社:東京都品川区、代表者:山本彰洋、川崎仁史、以下イマクリエイト)と株式会社リプロライフ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:向井正弘)は、胚(受精卵)を扱う生殖補助医療を行う医療技術者の『胚培養士(はいばいようし)』が、安全に卵子や胚を凍結融解できる細胞凍結法の一種「クライオテック法」を、バーチャル空間上で何度でも試すことが出来るシステムを開発したと発表しました。

関連:【インド発】マイクロソフトHoloLens2を利用した「がん治療」。アバターを利用し手術も可能

「クライオテック法」とは?

どのステージの卵子・胚でも安全に凍結融解できる細胞凍結法の一種。
「クライオテック法」以外の手段で凍結した卵子や胚の融解にも利用できるため、妊孕能(にんようのう)温存(※)や不妊治療の手段として活用されている。

※妊孕能温存:妊娠する力を残すこと

出典元:REPROLIFE JAPAN

「胚培養士(はいばいようし)」とは?

主に不妊治療において、精子と卵子を受精させて母体に戻すまで、胚の状態確認や培養、胚凍結や胚融解などを行う医療技術者。

バーチャル空間開発背景

「クライオテック法」では、卵子や胚という極めて繊細な細胞を、専用の道具や溶液を使って顕微鏡をのぞきながら決められた手順で扱う必要があり、時間の問題、卵子や胚の問題、道具の問題など、様々なハードルがあるため気軽に練習を行うことが難しい。
そこで練習環境をバーチャル空間上に再現することで、胚培養士が気軽にいつでも何度でも繰り返し実践を伴う練習が可能となる。

どのようなバーチャル空間を開発したのか?

<自由度の高いバーチャル空間上のトレーニング環境>

今回開発したコンテンツでは、指示された通りに進めるタイプのトレーニングではなく、自由な環境の中で自分で考えて実践練習を行うのが特徴。 

(図1)必要な道具が用意されており自由に使うことが可能となっている。

時間経過が必要な手順では、タイマーを使って時間を操作
出典元:公式発表

(図2)時間管理のためのタイマーを装備

時間経過が必要な手順では、タイマーを使って時間を操作
出典元:公式発表

<ミリ単位の操作性を実現>

「クライオテック法」において必要とされる、非常に細かい動きを練習するため、様々な作業を実装しており、それらを繰り返し練習することで効率よく技術を身につけることが可能。

(図3)顕微鏡の使用も現実と同じ仕組みとなっている

顕微鏡を使用する場合は、現実と同様に顕微鏡でのぞきたい対象をセット
出典元:公式発表

(図4)顕微鏡を覗いて作業を行う風景

顕微鏡をのぞきながらの作業をバーチャル上で再現
出典元:公式発表

(図5)顕微鏡以外の様々な作業を実装

顕微鏡の他にも、繊細な動作が求められる様々な作業を実装
出典元:公式発表

会社概要

<イマクリエイト株式会社>

所在地 : 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目22-7 KAY&KAY West 101号室
代表者 : 山本彰洋 川崎仁史

イマクリエイト公式Webサイト

<株式会社リプロライフ>

所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目5-3 AMビル 9階
代表者 : 代表取締役社長 向井正弘

リプロライフ公式Webサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間