独自の特許技術で「東京スター銀行 VRラウンジ」を構築【株式会社タッグ】

株式会社タッグ(東京都千代田区、代表取締役:湯本 健司)は、株式会社東京スター銀行(東京都港区、代表執行役頭取:多田 正己)と恊働で、時間や場所にとらわれず、スマートフォンやPCから実際の銀行店舗に行ったような体験が出来るVRサイト「東京スター銀行 VRラウンジ」を構築したと発表しました。

同VRラウンジは4月27日からスタートしており、「MiraiLab」事業として、金融業界では初の導入事例。

関連:大和ハウス工業が業界初の「メタバース住宅展示場」を4月28日より公開

メタバース用語集: メタバース関連用語はこちらをご覧ください

「東京スター銀行 VRラウンジ」とは?

会員登録や事前予約など不要で、24時間365日いつでも利用が可能となっており、現実世界の銀行に行くのと同じように、来訪者の相談事や困り事などをAI搭載のチャットボットが対応。

専門アドバイザーの対応を希望する場合は、有人によるオンライン相談も出来る。

このVRラウンジには様々な特許技術を利用した演出が施されており、訪れる度に新しい発見やサービスの提供が受けられるよう、今後もアップグレードを続けていくとしている。

東京スター銀行 VRラウンジ:公式サイト

東京スター銀行 VRラウンジ:店舗の様子
出展元:株式会社タッグ公式発表(2022.6.8)

「東京スター銀行 VR ラウンジ」の企画・構築のポイント

・課題、目的等をヒアリングしながら、企画から構築までをワンストップで実行

・実店舗のデザイン・設計・施工で培ってきた観点から、VR空間でも顧客動線を意識し、デザイン性のある、開放的なラウンジ空間を実現

・一般的な文字ばかりの銀行のホームページではなく、さまざまな方に興味を持っていただくきっかけとして、堅苦しくなく、お客様に寄り添う、高品質かつユニークなサービスを演出

・企業のブランドカラーやイメージに合わせ、アイコンやインターフェースのデザインはオリジナルで作成

・再来店を促す施策の一つとして、スタンプラリーゲーム等を活用し、シームレスに開催イベントへつなぐことを可能に。お客様にワクワクしていただき楽しくさまざまな情報を知っていただく接点としても活用

・特許技術を活用した魅せ方、演出(特許第6094918号/特許6025280号)

・今後も段階的に更新・アップグレードしていくことにより、「ここに訪れる度に新しい発見やサービスの提供が受けられる」という点の認知を獲得する予定

「MiraiLab」について

VR、AI、チャットボットなどの最新デジタル技術を活用し、仮想空間において、ユーザーへは驚きや喜び、居心地の良さといった非日常の体験を、また企業やブランドに対しては、コンセプトの背後にある、風習や文化、歴史などの「ストーリー」を演出しデザインすることで、より魅力的な空間を創出している。

MiraiLab:公式サイト

問い合わせ先

株式会社タッグ

所在地: 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-19-12
TEL  : 03-5256-1930
E-mail: info@tug-group.com

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間