HTCのメタバース「VIVERSE」にピクシブのVRoidオリジナルアバターが持ち込みが可能に

HTC(東京都中央区、代表者:児島全克)は、同社のメタバースプラットフォーム「VIVERSE」(バイバース)と、ピクシブ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾)が開発する3Dプロジェクト「VRoid」(ブイロイド)との提携を発表しました。

今後、3Dキャラクター制作ソフト『VRoid Studio』と連携することにより、「VIVERSE」内で『VRoid Studio』で制作したアバターの利用が可能になるとのこと。

VIVERSEゼネラルマネージャーのJoseph CW Lin氏は「今回のピクシブとの提携により、アニメスタイルに対応することができるため、現実世界と仮想世界から訪れるアバターによって、まるで『スタートレック』のようなメタバースの世界が実現される」とコメント。

またピクシブ代表取締役社長の國枝信吾氏も「VIVERSEとの取り組みを通じて、VRoidのアバターを持ち込める連携サービスが増えることは、VRoidのユーザーにとっても良いニュースだと考えている」とし、「VRoid Studioユーザーのおよそ90%が海外ユーザーで、世界中のユーザーが3Dアバターを通じたコミュニケーションを楽しめる世界を、VIVERSEとともに実現できるよう今後も努めていきたい」とコメントしている。

【関連】HTCが「Viverse」対応スマホ発表イベントを6月28日に開催

 ☑ メタバース用語集はこちら

今回のポイント

ピクシブも参画する、3Dアバターファイルフォーマット規格制定を目的とした「VRMコンソーシアム」とHTCは、メタバースにおける相互運用性実現に向けて取り組むとしており、日本でも利用者の多い3Dアバター向け共通規格「VRM」の更なる普及が期待される。

「VIVERSE」とは?

HTCが提唱するオープン・メタバース・エコシステム。
デバイスの種類に囚われず、人々がバーチャル空間上でコミュニケーションを取ることができ、出会い、遊び、ビジネスなどが可能となっている。

 ▶ VIVERSE:公式サイト(英語)

VRoid Studioについて

VRoidは「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念とするピクシブ株式会社による3Dプロジェクト。

「VRoid Studio」は、アニメライクな3Dアバターが簡単に生成できる、世界中で利用されている3Dキャラクター制作ソフトウェアで、1日1万体以上のアバターが生成されている。

VRoid Studio:公式サイト

ピクシブ「VRoid」のアバターがHTC「VIVERSE」内で利用可能に

会社概要

HTC NIPPON株式会社

所在地:東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階
代表者:児島全克
設立:2006年3月

▶ コーポレートサイト

ピクシブ株式会社

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝信吾
設立日:2005年7月25日

▶ コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間