ISS(国際宇宙ステーション)を体験できるメタバース「ISS SPACE WALK in METAVERSE」が初披露

株式会社バスキュール(東京都港区、代表取締役:朴正義)は、7月27日、28日に開催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」にて、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同で開発する宇宙メタバース「ISS SPACE WALK in METAVERSE」を初披露した。

「ISS SPACE WALK in METAVERSE」は、自身が宇宙飛行士になって国際宇宙ステーションから宇宙を遊泳することができ、実際の宇宙飛行士と同じ目線で太陽の光や青々とした地球を眺めることが可能となっている。

「ISS SPACE WALK in METAVERSE」とは?

ISS(国際宇宙ステーション)の日本実験棟「きぼう」にある、世界で唯一の宇宙放送局「KIBO宇宙放送局」から集めたデータを元にISSをメタバース上で再現。
メタバース上のISSは、実際のISSと連動して毎秒8kmの速さで地球の周りを移動している。

またVRヘッドセットを利用して宇宙飛行士となり、ISSを船外から探索できるほか、ユーザー同士の会話も可能。
その他に、宇宙空間にスクリーンを出現させることで、プレゼンテーションでの利用など、様々な用途で活用できるとしている。

なお、2022年10月の「CEATEC 2022」にて一般公開を予定。

▽ KIBO宇宙放送局

会社概要

株式会社バスキュール

所在地:東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル6F
設立:2000年7月28日
代表取締役:朴正義

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間