「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」エキシビジョン最新レポート(凸版印刷株式会社)

2022年7月27日(水)・28日(木)の2日間開催される、Meta社主催のカンファレンス「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が本日より開幕。

今回、エキシビジョン会場には17社の企業が出展しており、会場の様子を交えて、出展社の最先端メタバース情報を数回に分けてレポート。

METAVERSE EXPO JAPAN 2022とは?

2022年7月27日(水)、28日(木)の2日にかけて、メタバースビジネスを牽引している様々な企業、団体・官公庁が集結し、メタバースの現在・将来像を発信するエキスポ。
本エキスポを通じ、メタバース構築に向け「競争」ではなく「共創」を目指し、業界内の動きを加速させることに貢献するとしている。

開催期間中、エキシビションでは17の企業がメタバースに関連したコンテンツを展示、カンファレンスでは、各企業・団体・官公庁の代表者が登壇し、メタバースに関連した様々なトピックスについて発表・討論が予定されている。
なお、本エキスポはメディア・一部関係者向けの開催となり、10月開催の「CEATEC 2022」内で一般公開を予定している。

【関連】Meta社主催による「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が開催

凸版印刷株式会社

メディアデー開始の朝一から、人が絶え間なく訪れていた凸版印刷のブース。
展示のメインは下記3つとなっており、それ以外に「メタパ®」内に今回のブースを再現し、ブースを周るバーチャルツアーをYouTubeでライブ配信するとしている。

展示内容

  • 企業向けショールーム構築サービス「MiraVerse®ショールーム」
  • バーチャルモールアプリ「メタパ®」
  • 3Dアバター自動生成サービス「MetaClone®アバター」

▽実際のブースの様子

企業向けショールーム構築サービス「MiraVerse®ショールーム」

「MiraVerse®ショールーム(ミラバースショールーム)」は、凸版印刷が培ってきた、正確な色再現技術・独自の質感計測技術と3DCG/VR技術、制作ノウハウをベースに、企業の製品や思い描く空間をメタバース上で再現するサービス。

アバターを介したコミュニケーションを組み合わせることで、時間と空間の制約にとらわれない、新しい企業の販促・プロモーションを構築できるとしている。

▽「MiraVerse®ショールーム」利用イメージ 自動車ショールーム

MiraVerse®ショールーム

▽「MiraVerse®ショールーム」利用イメージ 住宅展示場

MiraVerse®ショールーム

バーチャルモールアプリ「メタパ®」

スマホから気軽にアクセスできる仮想空間上のバーチャルモールアプリ。
複数の店舗をモールのように一つに集約したのが特徴で、ショッピングだけでなく、3DCGで再現した商品をAR機能により実寸大サイズで確認することや、商品の特徴をCGアニメーションで確認することが可能となっている。

「メタパ®」サービスサイト

【関連】コクヨが「KOKUYOショップ」を「メタパ」にオープン

バーチャルショッピングモールアプリ「メタパ®」

3Dアバター自動生成サービス「MetaClone®アバター」

1枚の顔写真から短時間でフォトリアルな3Dアバターを自動生成することができるサービス。AIと3D復元技術を組み合わせることで、肖像権フリーの架空人物アバターやデフォルメしたアバターなど、ケースに合わせた様々なアバターを提供します。今後は、自身の声を発話できるようにしたり、自身の知識をAIで再現したりするなど、更なるアップデートを予定しており、本人と一緒にアバターが活躍できる世界を目指していきます。

【関連】浦和レッズと凸版印刷、メタバース上で浦和レッズファンワールド開設

3Dアバター自動生成サービス「MetaClone ®アバター」

YouTubeライブ配信

会期期間中、トッパンブースを「メタパ®」内に再現。
「バーチャル・トッパンブース@メタパ®」として、ブース内を自由に見ることや、説明員とのコミュニケーションが可能となっている。
また、「バーチャル・トッパンブース@メタパ®」内で「バーチャル・トッパンブース・ツアー」を実施し、その模様をYouTubeでライブ配信(各回15分)するとしている。

配信時間

27日:09:00~、11:00~、13:45~、16:40~
28日:10:55~、14:10~、16:50~

視聴方法:
YouTube「トッパン公式チャンネル / TOPPAN Official Channel」

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間