新刊「図解入門ビジネス 最新 Web3とメタバースがよ~くわかる本」が8月10日に発売

株式会社秀和システム(東京都江東区、代表取締役会長兼社長:上田智一)は、Web3とメタバースの解説書『図解入門ビジネス 最新 Web3とメタバースがよ~くわかる本』を、2022年8月10日に発売。

同書は、Web3、メタバース、NFT、独自通貨、暗号資産、De-Fi(分散型金融)、DAO(分散型自律組織)、スマートコントラクト、トークンエコノミーといったキーワードを、難解な用語を使わずにわかりやすく解説。

目次

1章 メタバース・Web3とは何か?
2章 メタバースのプレイヤー ―メタとエヌビディア
3章 メタバースのビジネスモデル
4章 NFTとWeb3
5章 世界のWeb3企業
6章 日本企業に向けたメタバース・Web3活用―5つの提言

書籍概要

  • 書名 図解入門ビジネス 最新 Web3とメタバースがよ~くわかる本
  • 著者 長橋賢吾
  • 定価 1980円(税込)
  • 発売日 2022年8月10日

販売ページ(Amazon)

販売ページ(楽天ブックス)

著者紹介

長橋 賢吾(ながはし けんご)

慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。
英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券(現、シティグループ証券)にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち2009年3月、フューチャーブリッジパートナーズ(株)設立。経営の視点から、企業戦略の策定、経営管理、IR支援、M&A, 資金調達を実施する。野原ホールディングス(株)取締役グループCFO、ジオコード(株)社外取締役、ネットスターズ(株)社外取締役。
共著に「使って学ぶIPv6」(アスキー02年4月初版)、著書に「これならわかるネットワーク」(講談社ブルーバックス、08年5月)、「ネット企業の新技術と戦略がよ~くわかる本」(秀和システム、11年9月)、「ビックデータ戦略」(秀和システム 12年3月)、「図解スマートフォンビジネスモデル」(秀和システム、12年9月)。「システム開発は絶滅危惧業種になってしまうのか?―アジャイル的50の生き残り術」(秀和システム、14年6月)など多数。

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間