阪神百貨店梅田本店が世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に出店

株式会社阪急阪神百貨店(大阪市北区、代表取締役社長:山口俊比古)は、2022年8月13日(土)から28日(日)にメタバース上で開催される世界最大のVRイベント『バーチャルマーケット2022 Summer』(主催:株式会社HIKKY)に、今年4月に全館グランドオープンの阪神梅田本店をイメージした「バーチャル阪神百貨店」をオープンすると発表しました。

阪神百貨店のバーチャルマーケットへの出展は、2020年12月以来今回で2回目となり、前回同様「阪神名物いか焼き」やバームクーヘン「クラブハリエ」なども登場するとのこと。

「バーチャル阪神百貨店」とは?

2022年4月にグランドオープンした、阪神百貨店梅田本店内のショップをイメージした内装となっており、1階は食、2階はライフスタイルをテーマに、企業出展会場の1つ「パラリアル大阪」内に登場。

出展内容

阪神百貨店スタッフがアバター販売員として接客

SNSで阪神百貨店のモノ・コト情報を発信しているナビゲーター「カナコ」が、アバター販売員「靴下ソムリエ カナコ」として接客。

実在する阪神百貨店スタッフが、アバター販売員として登場

阪神梅田本店2階「ソックス」ショップ

阪神百貨店限定の「腹ペコソックス」をECサイトから購入可能。また、アバターが着用できるデジタルアイテムとして、同じ色柄のバーチャル靴下を販売。

▽アバター販売員「靴下ソムリエ カナコ」

アバター販売員「靴下ソムリエ カナコ」

▽左・“リアル”腹ペコソックス2,090円<阪神梅田本店2階で販売中> 右・“バーチャル”腹ペコソックス100円

靴下愛溢れるスタッフがお客様にぴったり の靴下をご提案

新「食の阪神」の人気ショップをバーチャル化

「551HORAI」「阪神名物いか焼き」「クラブハリエ」「フジマル醸造所」などの関西発名物グルメが登場。ECサイトで買い物も可能となっている。

▽「551HORAI」

新“食の阪神”の人気ショップもバーチャル化「551HORAI」

▽「阪神名物いか焼き」

新“食の阪神”の人気ショップもバーチャル化「阪神名物いか焼き」

▽「クラブハリエ」

新“食の阪神”の人気ショップもバーチャル化「クラブハリエ」

▽アバター同志で乾杯

阪神名物催事「ワイン祭」さながらにアバター同志で乾杯

ライフスタイルアイテムを提案

洗練されたデザインで人気の生活家電「バルミューダ」や「ホームデコショップ」を再現。
コーヒーメーカーやケトルなど、人気のインテリアアイテムをバーチャル上で試すことが可能

▽「バルミューダ」

「バルミューダ」

▽「デコール・インテリア・トーキョー」

「デコール・インテリア・トーキョー」

バーチャルマーケット2022 Summer開催概要

名称:バーチャルマーケット2022 Summer
主催:VR法人HIKKY
会期:2022年8月13日(土)~28日(日)(計16日間)
テーマ:原点
企業出展会場:パラリアルニューヨーク/パラリアル大阪
来場方法:VR機器・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドに来場可能

▶「バーチャルマーケット2022 Summer」:公式サイト
▶ Twitter
▶ YouTube
▶ Instagram

阪神百貨店梅田本店がバーチャルマーケット2022Summerに出店
参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間