昨年9月に閉館した京急油壺マリンパークがVR空間に再オープン【Psychic VR Lab】

​株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区、代表取締役:山口 征浩)は、2021年9月30日をもって53年の営業を終了した水族館「京急油壺マリンパーク」の、バーチャル空間移転プロジェクト「京急油壺マリンパーク3D化計画〜みんなで残そう思い出と歴史〜」(2021年10月7日~31日開催)で制作した『VR京急油壺マリンパーク』を、今回バーチャル空間上にリニューアルオープンすると発表しました。

「京急油壺マリンパーク3D化計画」とは?

昨年9月をもって営業を終了した京急油壺マリンパークをバーチャル空間上に再現するプロジェクトで、53年の歴史ある建物や展示、来場した人々の想い出、施設のこれまでの歴史などをデジタル空間上に保存(デジタルアーカイブ)することを目的に発足。
クラウドファンディングを使って多くの支援者を集め、昨年10月に一般社団法人路上博物館(東京都文京区、館長兼代表理事:森 健人)および京浜急行電鉄株式会社(神奈川県横浜市、社長:川俣 幸宏)が開催。
制作にPsychic VR Labも参画し3つのVR施設を構築。

8月25日(木)よりリニューアルオープン

今回、2022年8月25日(木)9時より、VR京急油壺マリンパークをリニューアルオープン。
水族館にアクセスが困難な地域の子供達や介護が必要な方が、気軽に水族館を訪問出来るよう目指すとしている。

概要

  1. 施設名称
    VR京急油壺マリンパーク
  2. 提供開始日
    2022年8月25日(木) 9:00〜
  3. 入場料
    無料(※インターネット通信費が別途必要)
  4. 対応デバイス
    パソコン、スマートフォン、ヘッドマウントディスプレイ
  5. 主催
    一般社団法人路上博物館、京浜急行電鉄株式会社
  6. 協力
    noria901氏、平野氏、井上氏、クモノスコーポレーション株式会社、UDS株式会社
  7. 協賛
    株式会社Psychic VR Lab

入場方法

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」で構築されており、Webブラウザ、スマートフォン、ARグラス、VRヘッドセットなど様々なデバイスから利用が可能。

入場はこちらから

操作説明解説動画

VR京急油壺マリンパークについて

3つの空間で構成されており、2つの施設は京急油壺マリンパークにあった施設を三次元計測等の技術で再現。
もう1つの施設は資料館となっており、建設中の様子やクラウドファンディング支援者の写真・メッセージなどが展示されている。

VR水族館「魚の国」

当時東洋一の水族館として開園した水族館の中を再現。
展示されていた水槽の他に、世界的にも珍しい巨大サメ「メガマウス」の剥製標本の3Dモデルを展示。

VR水族館「魚の国」
VR水族館「魚の国」

VR屋内大海洋劇場ファンタジアム

イルカやアシカのショーをしていた劇場を再現。
劇場では、京急油壺マリンパークの最終日に行われた公演動画が視聴可能。

日本初の水族館バーチャル移転プロジェクト・昨年9月に閉館した京急油壺マリンパークがVR空間に再オープン
VR屋内大海洋劇場ファンタジアム

想い出館

京急油壺マリンパーク建設当時の貴重なアルバム資料や過去のパンフレット、クラウドファンディング支援者の写真、メッセージなどを展示。

想い出館
想い出館

会社概要

株式会社Psychic VR Lab

本社所在地:東京都新宿区新宿1丁目34−2  MORIAURA 2F
代表者:代表取締役 山口征浩
設立:2016年05月

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間