AR/VRプラットフォームアプリ「STYLY」がオフライン再生機能などを追加し全面リニューアル

株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区、代表者:山口征浩)は、同社が提供するAR/VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」のモバイルアプリに、作品のオフライン再生機能やARとVRの切り替え機能などを追加し、さらに使いやすくなるための全面リニューアルを発表しました。

関連:東京都江戸東京博物館がスマートフォンアプリ「ハイパー江戸博」を4月22日にリリース!

出典元:Psychic VR Lab(YouTube)

新しく追加された機能

■新機能1:オフライン再生

シーン(AR/VR作品)のデータをアプリからダウンロードすることで、オフライン状態でもシーンの再生が可能。
通信量を気にせず、また電波の不安定な環境でもシーンを楽しむことが出来る。

■新機能2:AR/VR切り替え機能

シーンの閲覧時に、AR表示とVR表示を切り替えることができ、様々な角度から、作品を見て体験することが可能となっている。

■新機能3:おすすめ作品の表示

AR/VRメディア「STYLY MAGAZINE」より、STYLYに投稿されているおすすめシーンの紹介記事が表示。

■新機能4:ハコスコ対応 ※Android端末のみ

スマホを使って360°VR体験を提供するプラットフォーム「ハコスコ」にSTYLYが対応。
モバイルアプリからも、手軽にVRを楽しむことが可能。

ハコスコ公式サイト

■その他:

デザインの全面リニューアル、UIの改善など

AR/VRプラットフォーム「STYLY」とは?

アーティストに空間表現の場を提供するリアルメタバースプラットフォーム。 
MAYA, Blenderなどの3Dソフトだけでなく、YouTube、SoundCloudなどと連携しており、簡単に空間制作が可能となっている。

■対応デバイス:
Mac、Windowsに対応。
Webブラウザのみで、VR/AR/MRコンテンツを手軽に制作できるだけでなく、VR HMDやWebブラウザ、スマートフォン、ARグラスなど様々なデバイスに配信することが出来る。

STYLY Official Site
STYLY GALLERY
VIVEPORT

▽ STYLY Mobile:
Google Play
App Store

▽ STYLY for Nreal:
GooglePlay

メタバース用語集
参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間