メタバースの基礎知識や活用事例などを図解で解説する新刊『図解まるわかり メタバースのしくみ』が発売

株式会社翔泳社(東京都新宿区、代表取締役社長:佐々木幹夫)は、メタバースの基礎知識や仕組み、新しい技術やその活用例などについて、分かりやすく図解で解説した書籍『図解まるわかり メタバースのしくみ』を2022年9月7日(火)より発売すると発表しました。

「図解まるわかり メタバースのしくみ」内容

XR領域やメタバース領域において最先端テクノロジーカンパニーを率いる著者が、メタバース最前線の実態や出来事、最新技術などをイラストを使って分かりやすく説明。

書籍公式サイト

『図解まるわかり メタバースのしくみ』表紙

目次

第1章:メタバースの基本〜メタバースの語源と歴史
第2章:GAFAMやゲーム業界とメタバース〜メタバースをめぐる市場争い
第3章:メタバースとWeb3.0〜ブロックチェーンの技術とメタバースの関わり
第4章:メタバースを表現するグラフィック〜3DCGとデザインによる世界観の表現
第5章:メタバースを作るプログラミング〜プラットフォームによる開発手法の違い
第6章:オンライン通信とサーバー〜メタバースを支えるサーバー
第7章:メタバースを体験する方法とそのしくみ〜さまざまなデバイスの種類と特徴
第8章:ビジネスにおけるメタバースの活用法〜自社のビジネスにメタバースを活用するには
第9章:メタバースのこれから〜メタバースの未来を想像しよう

『図解まるわかり メタバースのしくみ』内容

こんな方におすすめ

  • メタバース全体の概要を知りたい方
  • メタバースのイメージがわかなくて困っている方
  • メタバースに関わる技術を知りたい方
  • メタバースを支える新しい技術に興味がある方
  • メタバースを使った新しいビジネスに関心がある方
  • 現場の実態や出来事など、最新動向についても知りたい方

書籍概要

『図解まるわかり メタバースのしくみ』

著者:波多間 俊之
発売日:2022年9月7日
定価:1,848円(本体1,680円+税10%)
判型:A5・200ページ

購入方法

全国の書店、ネット書店などで購入可能。

翔泳社の通販 SEshop

Amazon

著者プロフィール

波多間 俊之(はだま・としゆき)

株式会社ビーライズ 代表取締役社長
3DCGクリエイターを経て、2012年にVR/ARの専門企業としてビーライズを設立し、さまざまなXRシステムの開発に従事。近年では大企業やスポーツ球団向けのメタバース開発などを積極的に展開。事業の軸をメタバースへと移行している。

株式会社ビーライズ

本社所在地:広島県広島市中区舟入町2-20 三栄広島ビル2F
代表者:代表取締役 波多間 俊之
設立:2012年11月

株式会社ビーライズ

【ビーライズ関連記事】

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間