明電グループとバーチャルキャストが過去の労働災害を後世に伝える「メタバース安全伝承館」を開発

株式会社ドワンゴのグループ会社である株式会社バーチャルキャスト(北海道札幌市、代表取締役社長:松井 健太郎)と、同じくグループ会社の株式会社インフィニットループ(北海道札幌市、代表取締役:松井 健太郎)は、株式会社明電舎(東京都品川区、代表取締役 執行役員社長:三井田 健)と、その子会社の明電システムソリューション株式会社(静岡県沼津市、取締役社長:鈴木 典芳)と共同で、静岡県沼津市に実在する明電グループの「安全伝承館」をメタバース上で再現した『メタバース安全伝承館』を開発したと発表しました。

メタバース安全伝承館とは?

過去に明電グループで発生した災害や事故の事例を展示することで、風化させることなく、そこから学び、将来の安全について考える事を目的に、明電グループの沼津事業所内に設置された「安全伝承館」をメタバース上に再現したもの。
コロナ禍で安全伝承館への来場が難しいという課題を解決するため、2022年5月に発表した「メタバース安全体感教育」を応用し再現しており、国内外の全ての社員が参加できるメタバース施設となっている。

メタバース安全伝承館の特徴

音声ガイド機能

各コーナーにタッチパネル式の音声ガイドを設置。

安全理解を促進する動画資料

明電グループで発生した災害をもとに作成した動画を上映。
災害の発生原因、被災者の思いや対策などについて学ぶことが可能となっている。

明電グループ社員の「安全への誓い」(絵馬)を掲示

安全伝承館でどのように感じたかを社員が絵馬に書いて展示。
未来の自分へのメッセージを残すと同時に、労災ゼロを目指す誓いの場としている。

CGによる事故事例の再現

メタバース版では、事故事例をCGで再現。
視覚的に再現することでより深く理解できる仕組みとなっている。

明電グループ社員の「安全への誓い」(絵馬)を掲示
明電グループ社員の「安全への誓い」(絵馬)を掲示
メタバース版ではCGで事故を再現
メタバース版ではCGで事故を再現

安全伝承館とは?

明電グループ社員の安全意識の向上を目的として、2020年に静岡県沼津市にある沼津事業所内に開設。
過去に明電グループで発生した災害や事故の事例を元に、災害件数の推移や安全への取組みに関する年表、再発防止対策のパネル展示、災害経験者のインタビューや安全啓発の映像などを展示している。

会社概要

株式会社 明電舎

本社所在地:東京都品川区大崎二丁目1番1号 ThinkPark Tower
代表者:代表取締役 執行役員社長 三井田 健
設立:1917年(大正6年)6月1日

コーポレートサイト

明電システムソリューション株式会社

本社所在地:静岡県沼津市東間門字上中溝515(明電舎沼津事業所内)
代表者:取締役社長 鈴木 典芳
設立:1978年(昭和53年)10月2日

コーポレートサイト

株式会社バーチャルキャスト

本社所在地:北海道札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館
代表者:代表取締役社長 松井 健太郎
設立:2018年7月27日

コーポレートサイト

株式会社インフィニットループ

本社所在地:北海道札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館 3階
代表者:代表取締役 松井 健太郎
設立:2007年6月

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間