メタバースに精通した「VideoWorks」登録クリエイターの紹介やメタバース導入に向けた無料相談会を開始【Crevo】

プロ動画クリエイターと企業をつなぐ動画制作プラットフォーム「VideoWorks(ビデオワークス)」を運営するCrevo株式会社は、メタバース分野の知見を備えたクリエイターを集結させ、企業の要望するメタバース構築に向けたプランの提案や、最適なクリエイターを紹介する無料相談会を開始すると発表した。

動画制作プラットフォーム「VideoWorks」とは?

企業とプロ動画クリエイターが直接つながることで、「安く」「早く」そして「クオリティ」の高い動画制作を実現することを可能とする日本最大級の動画制作サービス。
国内外13,000人以上のプロクリエイターが所属しており、「低価格で制作したい」「クオリティにこだわりたい」「短納期で制作を依頼したい」など様々な企業の要望に合わせて、最適なクリエイターと出会うことが可能となっている。

VideoWorks公式サイト

無料相談会について

メタバース導入を検討している企業に対し、専任の担当者が、案件詳細・費用相談・要望に合わせた最適なクリエイターの紹介などをサポートする無料相談会を、12月15日より実施。

無料相談会:問い合わせフォーム

※相談の概要と合わせて「プレスリリースを見た」と記載して送信

国内のメタバース第一人者である登録クリエイターへのインタビュー

20年以上メタバースの研究や制作に携わり、VideoWorksにも登録しているクリエイターに対し、Crevoがインタビューを実施したため、一部内容を公開。

インタビュー内容

ー日本企業はどのようにメタバースに参入すべきでしょうか

「空間づくりは無料のツールが複数あるので誰でも可能になってきています。しかしメタバースが徐々にコモディティ化していく中で、日本でビジネスとして活用する場合、マスのコミュニケーション目的での参入はおすすめしません。理由は、マスに対して利益が見込めるほどメタバース市場がまだ発達しきっておらず、失敗するリスクが高いためです。現状の参入においては特定領域のコミュニティへ向けて確実にユーザーにメリットを提供できるような戦略設計が重要であり、メタバースの現況を理解した有識者の知見をもとにプロジェクトを行う方が良いと思います。」

ーメタバース制作のコストは実際のところどれくらいかかるのでしょうか

「空間から制作をするのか、コンテンツのみを制作するのかによっても大きく変わりますが、コストを最小限まで抑えるためには、企業間の取引でなくフリーランスのクリエイターに依頼する方法もあります。例えば、私が担当したとある有名企業様は他社で数千万円の見積りを提示されたとご相談にいらっしゃったのですが、私が個人で活動をしているというのと、既存のツールや環境などを上手く活用した制作方法によって、数百万円まで費用を抑えることができました。」

会社概要

Crevo株式会社

所在地:東京都目黒区中目黒2丁目10−15 フロンティア中目黒 3F
代表者:代表取締役 柴田 憲佑
設立:2012年6月

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間