兵庫県養父市と吉本興業による地方創生型メタバース「バーチャルやぶ」にスキー場が期間限定でオープン

兵庫県養父(やぶ)市と吉本興業は、共同で展開している地方創生型メタバース「バーチャルやぶ」内に、2022年12月14日(水)より期間限定でスキー場をオープンし、オープン記念イベントとして、よしもとバーチャルタレント研究生や、バーチャルやぶ公式サポーターらによる、バーチャル初滑りイベントを開催すると発表した。

地方創生型メタバース「バーチャルやぶ」とは?

地域の魅力をエンタメの力で盛り上げていく事を目指し、2022年6月に公開された、兵庫県養父市と吉本興業が共同で進めるメタバースプロジェクト。
兵庫県北部に位置する人口22000人の街『養父市』を舞台として、様々な体験型コンテンツを楽しむことができるバーチャル空間となっている。

バーチャルやぶ観光案内所(VRChat)
バーチャルやぶ公式ツイッター

【関連】吉本興業と兵庫県養父市の地方創生型メタバース「バーチャルやぶ」が公開

新たにオープンするスキー場について

雄大で美しい自然に囲まれた養父市には、ハチ高原などに4つのスキー場があり、バーチャルやぶ内にもゲレンデを再現。
ソリゲームなどバーチャルならでは体験が可能となっている。
スキー場コースについては、近日中にアップデートを予定しており、何度でも楽しむ事ができるとしている。

オープン記念イベントを開催

12月14日(水)21時より、よしもとバーチャルタレント研究生(※)と、クリエイターを中心としたバーチャルやぶ公式サポーターがバーチャル初滑りイベントを実施。

※吉本興業所属の若手タレントを中心にした、バーチャル上でも活動を行う次世代タレントを発掘するプロジェクト

スキー場ワールド制作

VR蕎麦屋タナベ氏

VR蕎麦屋タナベ氏

株式会社タナベ 代表取締役。
吉本興業所属VRクリエイター。
蕎麦屋を営みながらメタバースの企画制作も行うクリエイター。

株式会社タナベ:公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間