Linux Foundationがオープンメタバース構築に向けたコラボレーションスペースを提供する「Open Metaverse Foundation」を設立

The Linux Foundation Japanは、2023年1月18日サンフランシスコ発として、非営利技術コンソーシアム「Linux Foundation(リナックス ファウンデーション)」が、さまざまな業界が参加し、グローバルで包括的(インクルーシブ)、ベンダーに依存せず(ベンダーニュートラル)、そして拡張性のある(スケーラブル)メタバースのためのオープンソース・ソフトウェアと標準の開発に取り組むコラボレーションスペースを提供することを使命とする「Open Metaverse Foundation(オープン・メタバース・ファウンデーション:OMF)」を設立したと発表。

OMFの設立メンバーとして、ChainHub Foundation、Cloud Native Computing Foundation、Futurewei、GenXP、Guangdong Digital Industry Research Institute、Hyperledger Foundation、LF Edge、LF Networking、OpenSDV、Open Voice Network、Verikenをはじめとする、多くの先進的な組織やオープンソース コミュニティが参加し、人工知能 (AI)、クラウド/エッジ コンピューティング、デジタル資産、トランザクション、ID、ネットワーキング、シミュレーション、セキュリティなどについて、OMFのビジョン実現に向け取り組むとしている。

【関連】Linux Foundationがオープンメタバース構築を目指し「Open Metaverse Foundation」設立に向け始動

コメント

OMF エグゼクティブディレクター Royal O’Brien氏

『私たちはまだオープン メタバースのビジョンの初期段階にあり、多くのオープンソースコミュニティやファウンデーションがこの反復的なパズルの重要ピースに取り組んでいることを認識しています。チャレンジは気が遠くなるように思えるかもしれませんが、ビジョンを実現するためにこれらのピースをまとめ、幅広いグローバル コミュニティと協力する機会に私は元気づけられています。』

OMF Foundational Interest Groupについて

Open Metaverse Foundationは、複数のFoundational Interest Group (FIG) で構成。
主要なトピックについて集中的かつ分散的な意思決定構造を可能にし、新しいアイデアの特定、仕事の遂行、新しいコントリビューターを受け入れるため、的を絞ったリソースとフォーラムを提供する。

また、各トピックに関連するプロジェクトやスケーラブルな技術を推進するとともに、プロジェクトのすべての確認可能なサブパート (GitHub.org、リポジトリ、サブディレクトリ、API、テスト、Issue、Pull Requestなど) のコード所有権を確保し管理する特定分野のメンバーで構成されている。

OMFの8つのFoundational Interest Group

  1. ユーザー
  2. トランザクション
  3. デジタル資産
  4. シミュレーションとバーチャルワールド
  5. 人工知能
  6. ネットワーキング
  7. セキュリティとプライバシー
  8. リーガルとポリシー

Open Metaverse Foundation

組織概要

The Linux Foundation Japan

所在地:神奈川県横浜市中区元町4-168 BIZcomfort元町ビル 4F-10号室
代表者:福安 徳晃

公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間