アルファロメオF1チーム・オーレンとメタバース「エバードーム」がパートナーシップを締結

アルファロメオF1チーム・オーレン(Alfa Romeo F1 Team ORLE)は、メタバースプラットフォーム「エバードーム(Everdome)」とパートナーシップを締結したと発表した。
今回のパートナーシップにより、ハイパーリアル仮想空間メタバースを標榜するエバードームにおいて臨場感の溢れる仮想体験をユーザーに提供することが可能となり、モータースポーツ業界にとってもファンとの交流の場が増えることにより、今後のファン拡大に繋がるのではと期待されています。

今後どのような展開が期待できるのか?

現時点で具体的な発表はありませんが、まずはファンとチームやブランドと交流できる場を提供するとの事です。
またアルファロメオF1チーム・オーレンのチームプリンシパルであるフレデリック・ヴァスール氏のコメントで「私たちはメタバースへの参入という大きな一歩を踏み出しました。エバードームには、新しいスポーツ観戦と没入型体験の実現に必要な専門知識と技術があります。エバードームは、チームの知的財産を容易に活用し、現実とメタバースの境界線を曖昧にすることで、日常生活を向上させるハイパーリアルな体験を可能にします。」とある通り、今後はモータースポーツとメタバースのシナジー効果によって今まで経験したことがないようなレース観戦体験が出来る事を期待したいところです。

ハイパーリアル仮想空間メタバース「エバードーム」とは?

エバードームは、最もリアルなWeb3エクスペリエンスを構築することを目的として、ブランドと人々を結びつける最もリアルなメタバースを作成することを目指しています。NFT、土地販売、市場、および市場において最高品質のアバターの作成と促進を通じて、仮想世界での生活を定義し、ブランドと個人が交流できるクオリティの高い場を提供します。
(引用元:公式説明)

エバードーム公式サイト:https://everdome.io/

エバードーム解説サイト(メタバース取説サイト:メタナビ):https://metanavi.jp/everdome/

EVERDOME×Alfa-Romeo
出典元:公式発表

ザウバーグループについて

ザウバーグループ(Sauber Group of Companies)は、2つの事業体から構成されています。アルファロメオF1チーム・オーレンの運営・管理を行うザウバーモータースポーツAG(Sauber Motorsport AG)と、試験設備での実物・モデルスケールを使用した最新の風洞試験や空力分野における画期的な技術革新に加え、先進のエンジニアリング、プロトタイプ開発、積層造形の分野で第三者事業にも注力しているザウバーテクノロジーAG (Sauber Technologies AG)です。両社は緊密に連携し、ノウハウを共有しながら、スイス・ヒンヴィールにある本社で働く500人以上の専任スタッフが、社内外のあらゆるプロジェクトにその専門性を発揮しています。1970年の創業以来、ザウバーの中心にはレースへの情熱があります。

50年以上にわたり、F1、DTM、WECなどさまざまな選手権シリーズで使用されるレーシングカーの設計、開発、製造において基準を設けてきた革新的なスイス企業です。1993年のF1デビュー以来、ザウバーモータースポーツAGは、F1界では数少ない伝統ある株式非公開チームを確立しました。同社は2018年にアルファロメオとの長期パートナーシップを開始し、F1参戦30周年を迎えるにあたり、2022年のチャンピオンシップにアルファロメオF1チーム・オーレンというチーム名で参戦します。
(引用元:公式説明)

メディア情報:mediahub.sauber-group.com

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間