Synamonと⽇本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」がパートナーシップを締結

株式会社Synamon (シナモン、本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下同社)は、同社が開発中のメタバースプラットフォーム内におけるNFT活用連携のため、⽇本発のパブリックブロックチェーン『Astar Network(アスターネットワーク)』とパートナーシップを締結したと発表しました。

『Astar Network』とは?

異なるブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)実現を目的とするブロックチェーンプロジェクト『Polkadot(ポルカドット)』と、パラチェーン接続する⽇本発のパブリックブロックチェーン。
Stake Technolosies(拠点:シンガポール、CEO:渡辺創太)が運営会社。

公式Webサイト

「Synamon」が開発するメタバース総合プラットフォーム

2022年4月に発表。
100人同時接続やマルチデバイス対応など、規模や用途に応じて柔軟に使い分けができ、NFTを活用した幅広いユースケースに対応したメタバースプラットフォーム
現在、同社ではメタバースやWeb3領域を盛り上げたいエンジニアを中心に採用も強化している。

メタバース総合プラットフォーム

Synamon 採用ポジション

出典元:株式会社Synamon公式YouTube

パートナーシップ提携に至る背景

「Ethereum(イーサリアム)」のGas代(手数料)高騰問題が注視される中、Astar NetworkのGas代の安さや、メタバース領域においてコミュニティが活発なことから、今回パートナー連携に向けて進展した経緯があるとの事。

また、同社が開発中のメタバース総合プラットフォームと設計思想が合致している事も背景の一つとなっている。

会社概要

<株式会社Synamon>

代表者: 代表取締役 武樋 恒
所在地: 東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル 9階1号
設立: 2016年8月
事業内容: メタバース総合プラットフォームの開発及び企業に向けたXR技術の活用支援

公式Webサイト

<Stake Technologies Pte Ltd>

代表者:CEO 渡邉創太
所在地:63 Chulia Street Singapore #15-1

公式Webサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間