米総合格闘技団体「UFC」の女王『アマンダ・ヌネス』が個人レッスン用のバーチャルジムを開設

英企業「Sporting Icons Ltd(スポーティング アイコン リミテッド)以下:同社」は、同社が運営するスポーツに特化したメタバース『The Sports Metaverse(ザ スポーツ メタバース)以下:スポーツメタバース』が、世界最大の総合格闘技団体「UFC」の女王でアイコンの『アマンダ・ヌネス(Amanda Nunes)以下:ヌネス』と提携し、今後スポーツメタバース内に開設したヌネス専用のジムを使って、ユーザーがヌネスのパーソナルトレーニングを受ける事ができると発表した。

ヌネスがパーソナルレッスンを提供

スポーツメタバース内に開設したヌネスのジムで、ヌネス自身が3Dアバターとなって登場し、ユーザーに戦う方法を指導するとの事。

アマンダ・ヌネスのプロフィール

ブラジルの女性総合格闘家。
アメリカン・トップチーム所属。現UFC世界女子フェザー級王者。
元UFC世界女子バンタム級王者。UFC世界女子バンタム級ランキング1位。
UFC女子パウンド・フォー・パウンド・ランキング3位。
UFC史上6人目の二階級制覇王者。UFC女子選手史上初の二階級制覇王者。
UFC史上3人目の二階級同時王者
(引用元:Wikipedia

『The Sports Metaverse』とは?

ブロックチェーン技術を使って開発されたスポーツに特化した仮想世界。
NFT化された自分の土地を所有することもでき、有名プロサッカー選手とのミニゲーム、ファンミーティング、スポーツカジノ、バーチャルスタジアム体験など、リアル世界とリンクした形で様々な体験が可能。

今回のヌネスとの提携以外にも、英サッカープレミアリーグ「チェルシー」所属の『ロメロ・ルカク』選手や米NBA選手、プロテニス選手、プロ野球選手など、様々なアスリートと契約締結に向けて進行中とのこと。

なお開発企業には、Sony、Doom、Playstation Home、Nvidiaなど、業界のジャイアント企業が名を連ね、YouTube創設者のChad Hurley氏など、数多くの著名投資家から支援を受けている、非常に注目度の高いメタバースプロジェクト。

出典元:公式vimeo

『The Sports Metaverse』概要

▶ モバイル、PC、タブレット、VR対応予定

▶ NVIDIA GeForce Now platform上で動作

▶ 利用料は無料

▶ ブロックチェーン:Flow及びEthereum

▶ 2022年6月に土地の販売を予定

関連情報

The Sports Metaverse公式サイト
公式ツイッター

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間