ノエビア化粧品CMで有名な「鶴田一郎VR展示会」をVRChat内で7月4日より開催【特典あり】

株式会社鶴田一郎事務所(京都市下京区、代表取締役:鶴田一郎)とカゴヤ・ホールディングス株式会社(京都府京田辺市、代表取締役:北川貞大)は共同で、現代美人画の第一人者「鶴田一郎」(つるた いちろう)氏の絵画を、VRプラットフォーム『VRChat』内で鑑賞できる「鶴田一郎VR展示会 唯一無二の線 – 鶴田一郎の軌跡」を7月4日(月)より開催。

また同VR展示会は、株式会社エスケイワード(愛知県名古屋市東区泉、代表取締役:加藤 啓介)が開発を担当したと発表しました。

【関連記事】広重美術館をメタバースに再現歌川広重の33作品を無料で公開

 ☑ メタバース用語集はこちら

「鶴田一郎VR展示会」とは?

ノエビア化粧品のCM「コスメティックルネッサンス」に抜擢されるなど、日本女性の美人画で有名なコマーシャル・アートの先駆者「鶴田一郎」氏の歴史やこれからの未来をメタバース内で辿るVR展示会。

半世紀に渡り第一線で活躍してきた同氏の貴重な学生時代の作品をはじめ、SF、琳派、仏画、美人画など計57点が展示されている。

鶴田一郎VR展示会:琳派作品「月光」

展示会の見どころ

鶴田一郎VR展示会では、VRならではの非日常的な鑑賞体験を活用し、作品の世界観・モチーフを再現。
山間の自然が描かれた琳派作品「月光」の世界感を再現したエリア以外にも、絵画のモチーフやゆかりの地を連想させる9つの空間から構成されている。

鶴田一郎VR展示会:9つの空間

展示会概要

タイトル:鶴田一郎VR展示会 唯一無二の線 – 鶴田一郎の軌跡

開催開始日:2022年7月4日(月)~

会場:VRChat 内ワールド「ICHIRO TSURUTA VR MUSEUM」

対応機器:PC(Windows)、ヘッドマウントディスプレイ

入場料:無料

展示会:公式サイト

鶴田一郎プロフィール

1954年に熊本県天草市で生まれ。
1987年に当時のノエビアのアートディレクター亀倉雄策氏に見出され、「コスメティックルネッサンス」シリーズに起用、一躍有名となる。
同CMは1998年まで続き、独特のタッチで描かれる「鶴田式美人画」は様々なメディアで起用された。
近年は美人画以外にも、琳派スタイルを取り入れた作品を発表している。

鶴田一郎 アーティストサイト

VR展示会限定特典

「鶴田一郎VR展示会」へ参加後、2022年秋開催の「鶴田一郎 醍醐寺特別展
−ミューズ達の祈り−」へ参加した方限定で特別プレゼントあり。
詳細は本展示会ワールド内の案内に記載。

<鶴田一郎 醍醐寺特別展−ミューズ達の祈り− 開催概要>

開催期間:10月15日(土)〜12月4日(日) 

開催時間:午前9時〜午後5時(受付終了は閉門30分前)休館日なし
※行事等の都合により変更の可能性あり

会場:醍醐寺 霊宝館京都市伏見区醍醐東大路町22

拝観料金:500円(中学生以上)
※三宝院庭園・伽藍は、別途大人1,000円 中高生700円

問い合わせ先

メタバース・VR事業に関するお問い合わせ先

株式会社エスケイワード
担当:江口 伸行(えぐち のぶゆき)
TEL:052-953-7166(平日9:00~18:00)

問い合わせ先ページ

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間