サイバードとAnimoca BrandsがWeb3領域でのビジネス展開加速を目的とした資本提携を発表

モバイルを中心としたエンタテインメントコンテンツを開発する株式会社サイバード(東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡)は、Web3領域でのビジネス展開を加速させていくことを目的として、香港のブロックチェーンゲーム開発大手Animoca Brands Corporation Limited(アニモカブランズ、香港ポックフーラム、共同創業者 兼 会長:Yat Siu)と資本提携を行ったと発表しました。

【関連記事】デジタルハリウッド✕The Sandbox(アニモカブランズ)

 ☑ メタバース用語集はこちら

資本提携の経緯

Web3領域の拡がりに伴い、ブロックチェーンを活用した各種サービスが数多く創出されているなか、サイバードでは「『HAPPY』な瞬間を創り出し、世界中にスマイルを届ける」というミッションのもと、積極的にWeb3領域での事業を展開。

今後もブロックチェーンゲーム開発、 NFTを活用した新しいエンタテインメントサービス等、 新技術を「ファンの方々の喜びや楽しさ」に繋げる為の企画実現に積極的に取り組んで行くとしている。 

サイバードが取り組むWeb3領域での事業

・ブロックチェーンサッカーゲーム「Blockchain Football」の開発

・自社コンテンツである『マジカルデイズ The Brats’ Parade』のNFT販売

・GameFiを対象とした研究チーム「CYBIRD GameFi Lab」の始動

Animoca Brandsについて

2015年創業の香港をベースにするブロックチェーンゲーム開発大手。
The Sandboxを代表とするオリジナルゲーム開発やFormula 1®、ディズニー、ドラえもんなどの人気知的財産を活用した製品など、幅広い製品ポートフォリオを開発・販売。
また、メタバースやNFT関連企業、分散型プロジェクトへの投資を100件以上行っており、世界的にもその動向が注目されている。

会社概要

会社名:Animoca Brands Corporation Limited

本社:Unit 417-421, Cyberport 1, 100 Cyberport Road, Pokfulam, Hong Kong

代表者:共同創業者 兼 会長 Yat Siu

設立:2014年1月

コーポレート公式サイト

サイバードについて

1998年創業のモバイルを中心としたコンテンツサービス企業。
現在、全世界でシリーズ累計3,500万人以上の会員数を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」をはじめとした各種ゲーム・コンテンツを中心に、ファンのエンゲージメントを高めるサービス群「FaneX」を運営。
ファンサイト、グッズ、2.5次元舞台、ネットくじ、オンラインIP検定等の各種サービスを展開している。

会社概要

会社名:株式会社サイバード

本社:東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山

代表者:代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡

設立:1998年9月29日

コーポレート公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間