アートアクアリウム美術館GINZAにメタバース空間「ART AQUARIUM WORLD」が9月1日より誕生

「アートアクアリウム美術館 GINZA」(東京都中央区)は、2022年9月1日~12月31日までの期間限定で、メタバースとNFTを組み合わせた新たな試みとして、アートアクアリウムをイメージしたメタバース空間「ART AQUARIUM WORLD」の導入を発表しました。

「ART AQUARIUM WORLD」とは?

東京・銀座三越にある「アートアクアリウム美術館 GINZA」の世界観を表現したメタバース空間。
自身のPCやスマホなどからアクセスするのではなく、「アートアクアリウム美術館 GINZA」館内に設置されたタッチパネルを使って体験できるのが特徴。

「ART AQUARIUM WORLD」概要

利用方法:アートアクアリウム美術館 GINZA館内のタッチパネルを利用
設置場所:アートアクアリウム美術館 GINZA出口付近設置「円窓デジタリウム」横
所要時間:約5分(NFT登録は別)

ART AQUARIUM WORLD

「アートアクアリウム美術館 GINZA」とは?

もともと東京・日本橋にあった金魚アートの展覧会「アートアクアリウム美術館」が、2022年5月より東京・銀座三越新館8階に「アートアクアリウム美術館 GINZA」としてリニューアルオープン。

「百華繚乱~進化するアート~」をテーマに、7つのエリアで構成されており、累計1080万人以上の来場者を記録。

また、様々な分野で活躍するアーティストとのコラボ作品も多数展示している。

施設概要

名称:アートアクアリウム美術館 GINZA
英語表記:ART AQUARIUM MUSEUM GINZA
所在地:銀座三越 新館8階(東京都中央区銀座4-6-16)
入場料:WEBチケット  2,300円、当日券  2,400円
アクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」直結
入場方法:新館9階 銀座テラスからの入場(詳細は公式サイトで要確認)
営業時間:10:00~19:00(変更になる場合あり)
休館日:銀座三越の休館日に準ずる
主催:株式会社AQUA ART RELATIONS
企画制作:株式会社Amuseum Parks
運営:株式会社Amuseum Parks
協力:株式会社三越伊勢丹 銀座三越

アートアクアリウム美術館 GINZA公式サイト

チケット販売

オリジナルNFTをプレゼント(限定300名)

「ART AQUARIUM WORLD」体験後に、モニターに表示されるアンケートに回答すると、300名限定で「アートアクアリウム美術館 GINZA」オリジナルの金魚イラストNFTをプレゼント。
詳細については館内の案内チラシを参照。

「ART AQUARIUM WORLD」提供会社概要

株式会社NTTドコモ

所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
代表者:代表取締役社長 井伊 基之
事業内容:通信事業・スマートライフ事業・その他の事業

株式会社HARTi

所在地:東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビルディング1階
代表者:代表取締役社長CEO 吉田 勇也
事業内容:法⼈向けNFTマーケティング⽀援事業「HARTi for Business」と、完全審査制NFTプラットフォーム「HARTi」の2事業を展開

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間