【地方創生✕メタバース】佐賀県嬉野市の魅力を観光体験できるメタバース「デジタルモール嬉野」がオープン

大日本印刷株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:北島義斉、以下DNP)は、佐賀県嬉野市、日本工営株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:新屋浩明)、株式会社ケー・シー・エス(東京都文京区、代表取締役社長:宇野昭弘)と連携して、佐賀県嬉野市の魅力ある地域資源を体験・交流できるバーチャル空間「デジタルモール嬉野」を、9月22日(木)午後5時よりオープンしたと発表しました。

「デジタルモール嬉野」とは?

9月23日開業の西九州新幹線「嬉野温泉駅」と、駅に隣接した道の駅内にある嬉野観光交流センター等の建築データを基に高精細に再現した空間で、200人以上が同時に参加してチャットによる会話ができるメタバース空間。

アバターで自由に散策できるほか、嬉野市に関するクイズ・スタンプラリー、名産品のショッピング、360度動画によるVR体験などが可能となっている。

また、メタバース内には複数のコインがいたるところに設置されており、コインを入手して様々な特典が入ったカプセルトイガチャをまわす事ができる。

デジタルモール嬉野公式サイト

設置されたビジョンから観光情報を発信
通常では見られない景色も体験できる「デジタルモール嬉野」

メタバース開発背景

嬉野市の課題とされる少子高齢化や交流人口の減少などを解決するため、DNPの持つリアルとバーチャルを融合するXR技術を活用して、日本工営、ケー・シー・エスと共に嬉野市を支援するプロジェクト。

メタバース構築以外にも、動画広告でのデジタルプロモーション、バーチャル接客サービスなど「オンライン接客・観光案内」などを展開し、嬉野市の交流人口増に繋げるとしている。

「デジタルモール嬉野」推奨動作環境 

 PC、スマートフォンの両方で利用が可能
※一部、非対応端末あり

【PC】

  • OS:
    Windows 10以降、Mac Catalina以降
  • GPU:
    Intel Iris Plus Graphics 640相当以上、NVIDIA GeForce 1060相当以上
  • ブラウザ:
    Chromeの最新版を利用推奨

【スマートフォン】

  • Android:
    OSはAndroid 9以降、ブラウザはChromeの最新版を利用推奨
  • iOS:
    OSはiOS14以降、ブラウザはSafariを利用推奨

会社概要

大日本印刷株式会社

所在地:東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
代表者:代表取締役社長 北島 義斉
設立:1894年(明治27年)1月19日

▶ コーポレートサイト

佐賀県嬉野市

▶ 嬉野市公式サイト

日本工営株式会社

所在地:東京都千代田区麹町5丁目4番地
代表者:代表取締役社長 新屋 浩明
設立:1946年6月7日

▶ コーポレートサイト

株式会社ケー・シー・エス

所在地:東京都文京区小石川1-1-17 日本生命春日駅前ビル
代表者:代表取締役社長 宇野 昭弘
設立:1969年9月

▶ コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間