箱根湯本駅にあるエヴァンゲリオンのお土産屋『箱根湯本えゔぁ屋』がバーチャルショップで登場

ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高橋晃広)は、同社が運営するメタバースの商業施設「そらのうえショッピングモール」に、エヴァンゲリオンのお土産屋として、箱根湯本駅で今年7月に10周年を迎えた『箱根湯本えゔぁ屋』が、2022年9月6日(火)13時より出店すると発表しました。

『箱根湯本えゔぁ屋』とは?

2012年7月、「エヴァンゲリオン(第3新東京市)」の舞台となった箱根で、和風・お土産物に特化した店舗として箱根登山鉄道箱根湯本駅の1Fにオープン。
今年7月に10周年を迎え、エヴァンゲリオンのお土産屋さんとして、箱根ならではのオリジナルグッズを中心に展開。

店舗情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本字白石下707-1 箱根登山鉄道箱根湯本駅1F
  • 電話番号:0460-85-9881
  • 営業時間:9:00~18:00 ※不定休

『箱根湯本えゔぁ屋』バーチャルショップの特徴

バーチャルショップでは、実際の店舗を4K&360度カメラで撮影し、実際に店内を見てまわるようなショッピング体験が可能となっている。

和風デザイン、お土産物が豊富

登場人物の名前が書かれた提灯が並ぶ店内には、商品が豊富に陳列されており、PCやスマホの画面をクリック・タップすることで、商品棚をじっくりと見ることができる。

10周年記念アイテムの一部を特別に通販で取り扱い

本来、「えゔぁ屋」アイテムは箱根の実店舗でのみ販売しているが、10周年記念の一部アイテムを特別に通販でも取り扱いするとのこと。

『EVANGELION STORE TOKYO-01』と隣同士

池袋P’PARCO2Fの旗艦店『EVANGELION STORE TOKYO-01』も、バーチャルショップを「そらのうえショッピングモール」に出店し、『箱根湯本えゔぁ屋』の隣にあるため、現実ではあり得ない、両方を行き来することも可能となっている。

「そらのうえショッピングモール」とは?

monoAItechnology株式会社(モノアイテクノロジー、兵庫県神戸市、代表取締役社長:本城 嘉太郎)が開発・運営するバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD(エックスアールクラウド)」上に、ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社が展開するメタバース商業施設で、人気キャラクターショップが集結し、年内に100店舗以上の集結を予定している。

そらのうえショッピングモール公式サイト

会社概要

ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社

代表者: 代表取締役社長 高橋晃広
所在地: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル4F
設立   : 2021年10月

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間