アバター作成スマホアプリ「MakeAvatar」とライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」が連携

株式会社Gugenka(新潟県新潟市、代表取締役CEO:三上昌史)が提供するアバター作成スマートフォンアプリ「MakeAvatar」と、SHOWROOM株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長: 前田裕二)が提供するライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」が、2022年10月29日(土)より連携を開始すると発表。

これによりMakeAvatarで作成したアバターを、SHOWROOMにて使用する事が可能になるとしている。

アバター作成アプリ「MakeAvatar」とは

パーツを組み合わせるだけで、オリジナルアバターを容易に作成することが出来るアバター作成スマートフォンアプリ。
作成したアバターは、今回の「SHOWROOM」以外にも、「VRChat」「DOOR」「Virtual Cast」「THE SEED ONLINE」「VRoid Hub」「池袋ミラーワールド」などのソーシャルVRで使用可能となっている。

MakeAvatarダウンロード(iOS)
MakeAvatarダウンロード(Android)

デジタルコンテンツ専門ECサイト「XMarket」と連携

Gugenkaが提供するデジタルコンテンツ専門ECサイト「XMarket」(エックスマーケット)を利用することで、人気キャラクターとのコラボ衣装などを購入し、更に自由なアバター制作が可能となっている。

衣装購入サイトXMarket

ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」とは?

2021年に会員登録者数が540万人を突破した、誰でも気軽にライブ配信が楽しめるライブ動画ストリーミングプラットフォーム。

「SHOWROOM」公式

MakeAvatarとSHOWROOMの連携について

MakeAvatarとSHOWROOMの連携における対象アバターブランドは、デフォルメキャラクターの「ちび化体(けたい)」で、アップロードは無料となっている。

アバターの連携方法

MakeAvatarとSHOWROOMが連携
SHOWROOM

ゼロ衣装を配布(ライブチケット購入者限定)

2022年11月6日(日)と11月13日(日)に開催される、VRライブイベント『コードギアス 反逆のルルーシュ×FLOW バーチャルライブ』のチケット購入者限定で、コードギアスシリーズの登場人物であるゼロの衣装をちび化体で配布。

「ゼロの衣装(ちび化体)」は、SHOWROOM以外の連携プラットフォームにもアップロードが可能で、ライブ公演終了後も使用することができるとしている。

「コードギアス」バーチャルライブチケット購入者限定でゼロ衣装を配布

【関連記事】アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の世界観を楽しめるバーチャル展示会をVRChatで開催

会社情報

株式会社Gugenka

所在地:新潟県新潟市中央区南出来島1-10-7 出来島第一ビル3F
代表者:代表取締役CEO:三上 昌史

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間