メタリアルグループのMATRIXがAI(人工知能)によるワールド生成速度を約35%高速化することに成功

メタリアルグループで、リアリティ・メタバース・プラットフォーム「どこでもドア」を開発・運営する株式会社MATRIXは、同社が今年11月に発足させた、メタバース先端技術研究組織「MATRIX GENESIS LABS」が、AIを用いたメタバースワールドの自動生成速度を、約35%高速化する事に成功したと発表。
今後は更なる高速化を目指しつつ、ワールド映像の高精細化や6Dof化技術との統合を検証するとしている。

【関連】MATRIXがAIを用いたメタバースワールドの自動生成に成功

ワールド自動生成高速化とは?

AIによるメタバースワールド自動生成技術「Project Genesis」は、生成過程において非常に大きな計算力を必要するため、これまで一つのワールド生成に約60秒間を必要としていたが、今回、計算力の拡張とアルゴリズムの調整等により、ワールド生成速度を約35%圧縮することに成功。
現在では約40秒前後で一つのワールドが生成可能となっている。

Project Genesisとは?

「Project Genesis」は、AIによるメタバースワールド自動生成技術で、特別な技術的知見を持たない個人であっても、音声入力によって誰もが簡単に自由にメタバースワールドを生成できることを目指して開発されており、今後はベータ版を、リアリティ・メタバース・プラットフォーム「どこでもドア」にて近日公開予定。

MATRIX GENESIS LABSについて

メタバース先端技術研究組織「MATRIX GENESIS LABS(MGL)」は、人工知能・Web3等の各種先端技術が、メタバース空間での生き方にどのような影響を与えるかなどを研究し、そこで実装された様々な技術を、リアリティ・メタバース・プラットフォーム「どこでもドア」にベータ版として公開し続けるプロトタイピングチーム。
メタバースにおける先端技術を最速で提供するために、内部だけにとどまらず、外部の研究者や企業等とのコラボレーションを積極的に推進しており、公開されたベータ版は、ユーザーの試用によって、その価値や課題を検証したうえで、本稼働に進む手順を踏むとしている。

リアリティ・メタバース・プラットフォーム「どこでもドアとは?

どこでもドアは、メタバース空間で、出会って・集まって・楽しむ「メタバース空間共有プラットフォーム」。
無料で用意されているライブラリ映像を使うことで、誰もが簡単にメタバース空間(ワールド)を作成できるほか、手持ちの映像を使ったオリジナルワールドも作れるため、簡単にVRイベントなどを開催することが可能となっている。
また、AI翻訳を備えており、多言語でのコミュニケーションを実現している。

どこでもドアの特徴

  • 構築されるワールドは、CGではなく主にリアル映像やリアル画像
  • 世界100か国約1000ヵ所の無料ライブラリ映像を用意
  • 会話が瞬時に自分の言語に翻訳されて表示されるAI翻訳付き
  • 360°カメラなどを使った臨場感の有るライブ配信が可能

「どこでもドア」公式サイト

会社概要

株式会社 MATRIX(メタリアルグループ)

所在地:東京都千代田区神田神保町3-7-1 ニュー九段ビル5F
代表者:代表取締役 五石 順一
設立:2020年9月30日

コーポレートサイト

株式会社メタリアル

所在地:東京都千代田区神田神保町3-7-1 ニュー九段ビル
代表者:代表取締役 五石 順一
設立:2004年2月
上場市場:東証グロース(証券コード:6182)

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

人気記事 - 過去7日間