JR西日本が関西初のメタバース駅『バーチャル大阪駅』をバーチャルマーケット2022 Summerでお披露目

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本、本社:大阪府大阪市)は、株式会社JR西日本コミュニケーションズ、株式会社JR西日本イノベーションズと協業で、2022年8月13日(土)~28日(日)まで株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表者:舟越 靖、以下HIKKY)によって開催されるメタバース上のVRイベント『バーチャルマーケット2022 Summer』に、大阪駅をメタバース上に再現した『バーチャル大阪駅』を展開すると発表しました。

関連:8月開催『バーチャルマーケット2022 Summer』の一般出展募集を4月22日より開始

「バーチャル大阪駅」とは?

『バーチャルマーケット2022 Summer』の企業出展会場の1つ「パラリアル大阪」内に展開するメタバース上の駅。

首都圏ではJR東日本とHIKKYが展開する「シン・秋葉原駅」などがあるが、関西ではメタバース上の駅として初となる。

関西空港へのアクセスに便利な特急「はるか」の乗車体験、時空の広場でのステージLIVE、駅ナカ店舗での商品販売などを予定とのこと。

「バーチャル大阪駅」への入場方法について

バーチャル大阪駅の一部は、HIKKYが独自展開するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」により制作することで、VR機器がなくてもスマートフォンやPCなどから手軽に入場可能となっている。

JR西日本グループの取り組み

JR西日本グループでは、2023年春に開業予定の「うめきた(大阪)駅」をイノベーションの実験場『JR WEST LABO』の中心と位置づけ、様々なパートナーと共創し「デジタル×リアルが生み出す新たな価値の提供」を掲げている。
今回、VR技術を活用して『誰もが持つクリエイティビティの価値が幅広く認められる世の中を創り出す』ことを目指すHIKKYと連携することにより、駅の強みであるリアルの拠点性とデジタルが融合する空間を創出し、駅を活用した新たな価値の提供に取り組むとしている。

うめきた(大阪)駅
出典元:公式発表

『JR WEST LABO』とは?

うめきた(大阪)駅の地下駅と地上部での新駅ビルを共創フィールドとして、新たな価値創造を推進する事を目的に、経営課題や社会課題を解決する最先端の技術を社会に発信し続けるイノベーションの実験場。

『JR WEST LABO』における共創について(公式)

JR WEST LABO
出典元:公式発表
出典元:JR西日本公式チャンネル

『バーチャルマーケット2022 Summer』開催概要

名称:バーチャルマーケット2022 Summer
主催:VR法人HIKKY
会期:2022年8月13日(土)~28日(日)(計16日間)
テーマ:原点
企業出展会場:パラリアルニューヨーク/パラリアル大阪
入場方法:VR機器・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドに入場可能

公式サイト
Twitter 
YouTube 
Instagram 

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間