バーチャル美少女ねむさんがライブセミナーに登場!テーマは「原住民が伝える真のメタバースと3つの革命」

株式会社 新社会システム総合研究所(本社:東京都港区、代表者:小田中 久敏、以下同社)は、同社が2022年7月6日(水)に開催するオンラインセミナーに、メタバース原住民にしてメタバース文化エバンジェリストと活躍する「バーチャル美少女ねむ」さんが『原住民が伝える真のメタバースと3つの革命』をテーマに講演すると発表しました。

関連:日本のメタバース文化推進へ!「バーチャル美少女ねむ」さんが文化庁ワーキンググループにユーザーの立場から政策助言

「バーチャル美少女ねむ」さんプロフィール

メタバース原住民にしてメタバース文化エバンジェリスト。「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から美少女アイドルとして活動している自称・世界最古の個人系VTuber(バーチャルYouTuber)。2020年にはNHKのテレビ番組に出演し、お茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。ボイスチェンジャーの利用を公言しているにも関わらずオリジナル曲『ココロコスプレ』で歌手デビュー。作家としても活動し、著書に小説『仮想美少女シンギュラリティ』、メタバース解説本『メタバース進化論』(技術評論社)がある。フランス日刊紙「リベラシオン」・朝日新聞・日本経済新聞などインタビュー掲載歴多数。VRの未来を届けるHTC公式の初代「VIVEアンバサダー」にも任命されている。(引用元:公式発表

セミナー概要

[日 時]

2022年7月6日(水) 午前10時~12時

[テーマ]

【メタバースとは何なのか】
原住民が伝える真のメタバースと3つの革命
~「アイデンティティ」「コミュニケーション」「経済」へのインパクト~

[セミナー詳細]

セミナー詳細ページ

[講 師]

バーチャル美少女ねむ
(メタバース文化エバンジェリスト/HTC公式VIVEアンバサダー/VTuber企画プロデューサー/VTuber)

講義内容

仮想世界「メタバース」は人類にとってどんな意味を持つのか?注目されるメタバースだが投機的な思惑からの喧伝も多く、理解が非常に難しいのが実情だ。
本講演では、書籍『メタバース進化論』(技術評論社)で話題のメタバース文化エバンジェリスト「バーチャル美少女ねむ」が、実際にメタバースで人生を送る自身の体験と数多くの住民へのインタビュー、そしてユーザー1200名を対象に実施した大規模調査データを元に、メタバースの真実を解説。人類の「アイデンティティ」「コミュニケーション」「経済」に及ぼすインパクトを考察する。
実際にどんな機材を用いているのかデモも実施、質疑応答により新たな可能性を聴講者と共に模索するインタラクティブなセッションにしたい。(アーカイブ配信に質疑応答は含まれません)

1.メタバース生活のデモンストレーション

・メタバース文化エバンジェリスト「バーチャル美少女ねむ」とは
・メタバースで利用する技術のデモ:VRゴーグル、各種トラッキング、ボイスチェンジャー、アバター

2.メタバースとは何か?定義から迫る各サービスの個性とユーザープロファイル

・メタバースの定義、NFT等との関係、具体的なソーシャルVRのサービス解説、住民のユーザープロファイル

3.第一の革命:アイデンティティのコスプレ

・メタバースが及ぼす自己認識や文化の影響。アバターの性別・種族・音声加工技術・分人主義など。

4.第ニの革命:コミュニケーションのコスプレ

・メタバースが及ぼすコミュニケーションや社会への影響。距離感の変化、スキンシップ、恋愛や性的コミュニケーションなど。

5.第三の革命:経済のコスプレ

・現在どのようなビジネス事例があるか、ミクロマクロ両面から解説。ファッションの事例や、今後メタバースに生まれる職業など。

6.身体からの開放:感覚のコスプレ

・メタバースで様々な感覚を感じる「ファントムセンス(VR感覚)」による、人類の新たな進化の可能性。

7.質疑応答

セミナー視聴方法
出典元:公式発表

問い合わせ先

会社名: 新社会システム総合研究所
所在地: 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851

▶ 公式Webサイト 

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間