東京都町田市が職員採用試験のPR用にメタバースを活用した動画を自主制作し公開

東京都町田市(以下:同市)は、市の若手職員が中心となり「受験しやすい町田市の職員採用試験」をPRするため、メタバースを活用した動画『町田市採用試験ちゃんねる』を自主制作し公開したと発表しました。

同市では、職員採用試験において1次試験にSPI方式、2次試験にWeb面接を導入し、試験時間の短縮や自宅で受験できるようにするなど、多様な人材確保のため積極的に新しいテクノロジーを採用しており、今回のメタバース活用も仮想の町田市役所を舞台に、アバターを使って町田市の試験の受けやすさを紹介している。

自治体のメタバース活用といえば韓国ソウル市の「メタバース・ソウル」が有名だが、先ごろの文化庁文化審議会での政策提言のように、今後日本の自治体でもメタバースの有効活用に関して議論が進むことが期待される。

関連:日本のメタバース文化推進へ!「バーチャル美少女ねむ」さんが文化庁ワーキンググループにユーザーの立場から政策助言

どのような動画?

メタバース内に作られた仮想の町田市役所を舞台に、町田市公式リクルーター「カワセミール」が就活生に町田市の試験の受けやすさを紹介する内容。
同動画は、町田市公式YouTubeチャンネルの『町田市採用試験ちゃんねる』として公開されており、現時点で第2回まで動画となっている。

▶ 第1回「就活生に告ぐ!町田市の試験が受けやすい理由!」

▶ 第2回「カワセミールがメタバースで語る、町田のスゴさ!」

▽ 第1回「就活生に告ぐ!町田市の試験が受けやすい理由!」

出典元:町田市公式動画チャンネル

▽ 第2回「カワセミールがメタバースで語る、町田のスゴさ!」

出典元:町田市公式動画チャンネル

▷ メタバース内の様子

町田市採用試験ちゃんねる:メタバース内
出典元:公式発表

町田市の職員採用試験について

町田市では、一般知識や教養中心の筆記試験を2019年度試験から廃止し、民間企業で広く導入されている適性検査「SPI3」を導入しており、従来の筆記試験に比べて試験時間がおよそ半分になるほか、自宅で受験することができるなど、多くの方が受験しやすい環境が整えられている。

<2022年度上半期実施の職員採用試験>

▶ 申込み締切日時:5月23日(月)午前10時~31日(火)正午まで申し込みを受付。

※募集職種、受験資格等の詳細は、町田市公式Webサイトを参照。

東京都町田市の紹介

人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。
町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。
駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然と街の便利さが共存する街。

町田市公式Webサイト
WEBサイト「まちだで好きを続ける」
▶ まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
 公式Twitter
 ▽ 公式Instagram

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間