黒川紀章氏の歴史的建築物「中銀カプセルタワー」をメタバースで使えるNFTとして販売【販売数は1エディションのみ】

株式会社黒川紀章都市建築設計事務所(東京都千代田区、代表取締役:下条哲成)と、LAETOLI株式会社(東京都港区、代表取締役:武藤弥)は、現在解体が進む中銀カプセルタワービル(中銀カプセルタワー)を、デジタル技術を利用して保存することを目的に、メタバース空間で活用できるNFTとして販売すると発表しました。

今回販売されるNFTは、メタバース空間で利用できる「デジタルアートNFT」と、現実世界での利用を想定した「3DCADデータNFT」に分かれており、それぞれ各1エディションのみの販売。
これにより、世界で唯一1人だけが「中銀ビル」を様々なシーンで利用可能となっている。

 ☑ メタバース用語集はこちら

歴史的名建築「中銀カプセルタワービル」とは?

1972年に竣工の、メタボリズムの代表作として世界的にも有名な、建築家「黒川紀章」氏(故人)設計の歴史的名建築。

築50年が経過した2022年4月より、老朽化やアスベストの問題等から解体が始まっている。

中銀カプセルタワー紹介動画
中銀カプセルタワービル

プロジェクトの背景

世界的にも有名なこの歴史的名建築物を保存すべきとの声が多く、また、カプセル自体がアート作品として貴重なため、解体中のカプセルを補修後、世界各国の美術館へ寄贈することが決定している。
そんななか、中銀ビル全体を完全再現するため、黒川事務所及びLAETOLIがプロジェクトを始動。

ブロックチェーン技術を使って中銀ビルをNFT(非代替性トークン)化し、現実世界及びメタバース空間において、デジタルアートとして中銀ビルの活用を目指すとしている。

LAETOLI株式会社 担当取締役:片岡義隆氏 コメント

日本にはこれまで多くの名建築が生み出されてきましたが、経済合理性を優先するあまり、多くの名建築が取り壊されてきました。資本主義社会である以上、経済合理性を優先することは止むを得ない部分もあると思いますが、文化的価値が尊重され、人々が望むものが遺っていく、そんな社会を創っていきたいと考えています。
今回、ブロックチェーン、NFTという新しいテクノロジーを使うことで、文化的に価値のあるものを遺す、再現する可能性を創れたと考えています。
”経済合理性より、文化的価値が尊重される社会を創る”をこの事業のビジョンに掲げ、建築のみならず、あらゆる価値のある文化を、新しいテクノロジーを活用することで、遺していきたいと考えています。今回、黒川設計事務所と共同でこのような事業に挑戦できたことを心から感謝しています。今後も、様々なパートナーと共に、文化的価値が尊重される社会を創っていきたいと考えています。

中銀カプセルタワーのNFT

デジタルアート及び3DCADデータをNFTとして販売

1:デジタルアートNFT

黒川事務所が著作権を所有する建築図面に基づき、中銀ビル全体をデジタルアートとして完全再現。
このデジタルアートを所有、利用、販売などができる権利をNFTとして、1エディションのみ販売。

<活用事例>

メタバース空間で中銀ビルを完全再現し、中銀ビルを他人に貸したり、売ったりすることなどを想定。その他にも利用方法に制限がなく、様々なシーンでの活用が可能となっている。

<具体例>

・メタバース空間でデジタルアートとしての中銀カプセルタワーを再現
・中銀カプセルタワーに色をつけるなど、様々なアーティストとのコラボレーション
・カプセル単体の自由なカスタマイズ
・カプセルを活用した新たなビジネス展開

中銀カプセルタワー全体をデジタルアート

2:3DCADデータNFT(「リアル空間」における再建の権利)

黒川事務所が著作権を所有する建築図面に基づき、3DCADデータを作成。
このCADデータに基づき、現実の世界で中銀ビルを建築、利用、販売などができる権利をNFTとして、1エディションのみ販売。

NFT自体は2エディション発行し、1つは黒川設計事務所、もう1エディションを購入者が所有する形となる。

<活用事例>

現実世界での再現にあたっては、黒川事務所が必要な協力を行うことにより、世界各国の法規制に合わせた完全再現を目指すとしている。

また、3DCADデータは自由に使えるため、カプセルを用いた現実世界での事業展開など、様々な事業に利用可能となっている。

<具体例>

・過密化による課題を抱えた都市で、中銀カプセルタワーを再現
・カプセルを自由に組み合わせ新しい中銀カプセルタワーを開発・建設・販売
・災害時等にカプセルを災害地に輸送し、仮設住宅として利用
・季節に応じてベストなエリアに移動し、移動するリゾート事業

「リアル空間」における再建の権利

NFTの販売方法

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」にてオークション形式にて販売。
OpenSeaのリンク先は、コミュニティサイト「KABUKI X」内にて告知。

販売オークション期間

7/22(金)13時より8/31(水)13時を予定

コミュニティサイト「KABUKI X」:公式サイト

コミュニティサイト「KABUKI X」

みんなの力や想いで日本の古い文化を守り、新しいカルチャーを創るコミュニティサイト。

「KABUKI X」に会員登録をすると会員登録者限定ページが閲覧でき、最新リリース情報や特典映像の閲覧が可能となっている。

また、Discordなどでのコミュニケーションスペースを今後提供予定しており、コミュニティに対する貢献度に応じてガバナンストークンである「KABUKIトークン」を受け取ることが可能となっているほか、今後トークン保有者が経済的メリットを得られるトークンエコノミーの確立を目指すとしている。

その他にも、名建築や寺社仏閣、実際には建築できなかったものなどをリアル空間及びメタバース空間に再建、日本のアニメやキャラクターなどを活用し、新しいアート・コンテンツや楽しい場所の開発を予定しているとのこと。

コミュニティサイト「KABUKI X」:公式サイト

会社概要

株式会社 黒川紀章建築都市設計事務所

株式会社黒川紀章建築都市設計事務所は、創立者黒川紀章によって構築されたブランドを継承し、国内外で活発な設計活動を行っております。創設者の黒川紀章は、1960年弱冠26才で建築の理論運動メタボリズムを結成し、機械の時代から生命の時代への変革を一貫して主張してきました。活動は、世界20ヶ国におよび、世界各地で完成した作品は高い評価を得ており、建築界のノーベル賞ともいわれているフランス建築アカデミーのゴールドメダルを受賞しています。

所在地:東京都千代田区麹町4丁目2番7 麹町4丁目共同ビル8階
代表取締役:下条哲成
設立:2015年1月

黒川紀章建築都市設計事務所:コーポレートサイト

LAETOLI株式会社

LAETOLIでは、経済合理性を超えた”次の世代に託すべき価値”に光を当て、誰もが公正に関わることができる「自由な金融」を創造し、想いと豊かさが巡るフェアエコノミー時代を作ることを掲げており、不動産クラウドファンディング「COZUCHI」を運営しております。

老朽化し危険な状況でもある中銀ビルを取り壊すことはやむを得ないと考えているものの、黒川紀章氏のメタボリズム思想を代表する作品であり、”次の世代に託すべき価値”があることから、「COZUCHI」にて約20億円の調達を行い、本プロジェクトに参加しました。

様々な角度から検討した結果、中銀ビルが再び蘇ることを願い、現実空間、メタバース空間ので、完全再現できる権利をNFTとして販売することとしました。

メタボリズムの思想を必要としている、国、都市、地域、企業によって、この歴史的な名建築が世界のどこかで再築され、新しい時代の人々にとって、価値あるものとして利用され続けることを願っております。

本プロジェクトにおいては、主に下記業務を担当致します。
1.本物件のデジタルアートの企画、作成
2.デジタル作品のNFT化及びNFTとして販売する業務
3.デジタル作品の販売に必要なプロモーション業務
4.デジタル作品の販売に必要な、HPの作成、SNSの運用等の業務 5.その他、本事業において乙が行うことが適切な業務

所在地:東京都港区南青山二丁目26番1号 D-LIFEPLACE南青山2F
代表取締役:武藤弥
設立:1999年5月

LAETOLI株式会社:コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間