webVRによる都市型バーチャルモール「TUG MALL」(トライアル版)をリリース【株式会社タッグ】

株式会社タッグ(東京都千代田区/代表:湯本健司)は、専用機材不要で完全アプリレスなwebVRによる都市型バーチャルモール「TUG MALL」(タッグモール)のトライアル版を2022年7月11日(月)より開始したと発表しました。

【関連】東京スター銀行 VRラウンジを構築【株式会社タッグ】

 ☑ メタバース用語集はこちら

「TUG MALL」(タッグモール)とは?

欲しい商品をいかにお得に購入できるかを追求するECモールとは対照的に、仮想空間内での「まちあるき」の楽しさに重点を置いた都市型バーチャルモール。
商品やサービスを販売・紹介する店舗だけでなく、“まち”を構成する多くの施設や場所を繋ぐことが可能となっている。
今後は学校やイベントスペースの出店を予定しており、リピーターを増やす要素として、スタンプラリーやゲームなども計画しているとのこと。

バーチャルモールのプラットフォーム「TUG MALL」
バーチャルモールのプラットフォーム「TUG MALL」モデル

いつでも、どこでも、誰でも

リアルの営業時間に縛られず、スマートフォンやタブレット、PCがあれば「いつでも・どこでも・誰でも」アクセスが可能。

様々なコト・モノに出会える場所

当初は40を超えるテナント出店からスタート。
TUG MALLを訪れたユーザーが「まちあるき」 をするように、新しい何かと出会える場所を目指すとしている。

「TUG MALL」:公式サイト


バーチャルモールのプラットフォーム「TUG MALL」街並み

出店テナントについて

「TUG MALL」は4区画(現時点)から構成されており、7月11日より「EAST MALL」と「NORTH MALL」の2区画が先行オープン。
残りの「WEST MALL」と「SOUTH MALL」は、サンプルサイトとして閲覧可能となっている

TUG MALL:出店者募集サイト

EAST MALLとNORTH MALLが先行オープン

出店メリット

1. 店舗/ブランド/商品の魅力を伝えられ、実店舗へ誘客する事が可能

2. 店舗/ブランド/商品へのタッチポイントを増やすことが可能

3. リアルの営業時間に縛られず「いつでも」スマートフォンやタブレット、PCがあれば「どこでも」「誰でも」ショッピング体験が可能

4. 商品画像や価格/説明が並んでいるだけのECではなく、店舗ならではの商品の見せ方で、商品を魅力的にみせ、ユーザーに「気づき」を与えることが可能

5. 様々な出店形態をご用意。店舗・ウィンドウ出店・街頭広告等、用途やご予算に応じたプランが選定可能

「東京スター銀行 VRラウンジ」が出店

「東京スター銀行 VRラウンジ」が出店し、バーチャルモール上で銀行サービスが利用可能。
今後はキャンペーンやイベントなど、バーチャルモールの賑わいを創出する企画を予定しているとのこと。

【関連】東京スター銀行 VRラウンジを構築【株式会社タッグ】

東京スター銀行 VRラウンジ

会社概要

株式会社タッグ

住所: 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-19-12 五島ビル4階
代表:湯本 健司
設立:1977年7月
TEL: 03-5256-1930
Email: info@tug-group.com

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間