マイナビとBrave groupがメタバース領域の事業拡大に向けて資本業務提携を発表

株式会社マイナビ(東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)と、メタバース領域におけるIP事業やプラットフォーム事業を展開する株式会社Brave group(東京都港区、代表取締役:野口圭登)は、2022年9月8日(木)にメタバース領域の事業拡大に向けて資本業務提携契約を締結したと発表しました。

資本業務提携の背景

マイナビは2019年にBrave groupへ1回目の出資を行っており、協業の可能性などを協議してきたなか、メタバース領域の事業拡大や新たな価値の創造およびサービスの提供を目指し、今回の資本業務提携に至ったとのこと。

今後は、マイナビ社のサービスにおけるBrave groupのIP活用や共同事業の開発、マイナビ社のメタバース領域におけるビジネス展開をBrave groupが支援するなど、両者の強みを活かしながらの事業展開を目指すとしている。

コメント

マイナビ 経営企画本部 イノベーション推進統括部 統括部長
須山俊介氏


当社がBrave groupに1回目の出資をさせていただいた2019年には「メタバース」という言葉は無く、今とは全く異なったマーケットでした。
しかし当時、自宅近所の小学生が学校から帰る途中に、「公園に集合ね」では無く「〇〇(ゲーム名)で集合ね」という会話を耳にする機会がしばしばありました。その様子から、「今後はリアル空間では無く、バーチャル空間でのコミュニケーションが日常になる」と思い、その時が来ることを信じてソーシングを強化していた時期でした。
そこで野口社長にお会いして、昼夜問わず議論にお付き合いいただきました。1回目の出資後も当社グループとの協業検討を重ねて、今回の追加出資・資本業務提携に至った次第です。
Brave groupと強固なタッグを組みながら、共に見ている未来をスピード感を持って現実化していきたいと思います。

Brave group 代表取締役
野口圭登氏


マイナビ様からは2019年に1回目の資金調達をさせて頂き、長く事業面でご一緒できないか、かねてより探ってきた中で、今回資本業務提携という形で追加調達をさせていただくことになりました。
Brave groupでは、ゼロからバーチャルアーティストをはじめとしたIPを創ることを得意として後発ながらも実績を作ってきました。今回の資本業務提携で、Brave groupのメタバース領域での事業拡大はもちろん、マイナビ様とのアライアンス強化による共同事業開発や、マイナビ様のメタバース事業展開支援にも取り組ませて頂く予定です。

両者コメント

会社概要

株式会社マイナビ

本社所在地:東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
代表者:代表取締役 社長執行役員 土屋 芳明
設立:昭和48年(1973年)8月15日

コーポレートサイト

株式会社Brave group

本社所在地:東京都港区芝浦2-17-9大友ビル2F-C
代表者:代表取締役 野口圭登
設立:2017年10月11日

コーポレートサイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間