デジタルハリウッドとThe Sandboxがクリエイターエコノミー促進でタッグ【7月9日セミナー開催】

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」 (東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:吉村毅、学長:杉山知之)は、ブロックチェーンゲーム開発大手Animoca Brands社(アニモカブランズ)が手掛けるボクセル型メタバース「The Sandbox(ザサンドボックス)」と協業し、The Sandboxの世界をクリエイトするVoxel Artists(ボクセルアーティスト)とVoxel Game Creators(ボクセルゲームクリエータ)を育成する新規講座を、デジタルハリウッドSTUDIOで開講すると発表しました。

また今回の協業を記念し、7月9日(土)にThe Sandbox COO兼ファウンダーのセバスチャン・ボルジェ氏が「The Sandboxで始めるクリエイターエコノミーの第一歩」をテーマにセミナーを開催するとしています。

【関連記事】「FlickPlay」と「The Sandbox」が新たな提携を発表

 ☑ メタバース用語集はこちら

クリエイターエコノミーとは?

個人クリエイターによる情報発信や行動によって生み出された経済圏のことで、デジタルハリウッドでは、同校の在校生・卒業生が持つ高いクリエイティブスキルが『The Sandbox』が提供する「ユーザーが収益化できるプラットフォーム」においてアドバンテージとなることを確信しており、デジタルハリウッドのクリエイターが『The Sandbox』に参加することで、クリエイターエコノミーが促進されるとしている。

協業による今後の展開

2022年9月より、デジタルハリウッドSTUDIOにおいて、The Sandboxの世界をクリエイトするVoxel ArtistsとVoxel Game Creators を育成する新規講座を開講。

また本講座の受講生を対象としたコンペを開催、入賞者にはThe Sandboxが設立したクリエイターズファンドへの加入権利など、制作活動に対する資金提供をはじめとした様々なサポートを実施予定。

7月9日(土)に協業記念セミナーを開催

セミナーには、The Sandbox COOのセバスチャン・ボルジェ氏とコンテンツ制作によりプラットフォームの通貨「SANDトークン」を稼いで生計をたてる現役クリエイター6名が登壇。
The Sandboxクリエイターズファンドに所属するクリエイターの活動を「報酬」「共同制作」「日本コミュニティの展望」といった様々な切り口で解説。
その他に、開発ツールによる3Dキャラクターやゲーム制作のデモンストレーションも実施予定。

日時:7月9日(土)13:00~
テーマ:The Sandboxで始めるクリエイターエコノミーの第一歩
会場:デジタルハリウッド東京本校
   東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F駿河台ホール
参加:無料
定員:100名

参加はこちらのフォームから受付

協業記念セミナー登壇者

セバスチャン・ボルジェ氏(The Sandbox COO)

2022年にはCoinTelegraphにて、暗号資産分野において最も影響力のある人々の第4位に選出
参照ページ

The Sandbox COO:セバスチャン・ボルジェ氏

VEN Mashu氏(ボクセルアーティスト)

2017年にクリプトに参入。ブロックチェーンゲームの『The Sandbox』で日本クリエィティブチームをリードするボクセルアーティスト。

VEN Mashu氏:ボクセルアーティスト

TomGlasses氏(ボクセルアーティスト)

玩具デザイナー。
2021年の春にリーダーVENよりクリプト、NFT、メタバースを教わり衝撃を受ける。すぐに勉強を開始し『The Sandbox』でボクセルアーティストデビュー。玩具業界で養った、変形デザイン、色彩構成力を武器にメタバースを開拓中。
現実世界では玩具デザインとグラフィックデザインを生業の真面目な個人事業主の顔も持ち、休日は2人の子供と野山を駆けまわる。
「ノリの軽さ」と「仕事の早さ」はピカイチ。

TomGlasses氏:ボクセルアーティスト

Tomosan氏:ピンクの人(クリプト仕事人)

ブロックチェーンの技術そのものに興味をもったのは2017年。
投資として最初に手にしたのはXRPであり、今でも生粋のリップラー。HODL記録は5年目を迎える。海外現地での生活・仕事が多く、帰国後からはその経験を活かし、自身の事業として海外企業の日本進出を支援。現在進行形で、それらの企業と彼らの持つプロダクトにブロックチェーン・メタバースを掛け合わせた事業を開発中。
その傍ら、2021年から『The Sandbox』のボクセルアーティスト、ボクセルアーティストのチームリーダー、TSBスタッフの3つに従事。

Tomosan氏:ピンクの人(クリプト仕事人)

hatomame氏(Game Maker Designer)

イラストレーター、漫画家、Game Maker Designer。
2018年からブロックチェーンゲームで暗号資産の仕組みに興味を持つ。
リアルでのイベント・ギャラリー活動を、地方移住のため難しくなった経験を活かし、ネット上でのクリエイター活動中に、『The Sandbox』の初期LANDプレセールに出会い、Game Makerでゲーム制作を始める。
オンラインゲーム歴が長いことを生かし、メタバースでの快適さやワクワク感を意識した空間制作を試行錯誤している。

hatomame氏:Game Maker Designer

Sho氏(Game Maker Designer)

暗号資産投資をきっかけに『The Sandbox』のことを知り、そのプロジェクトの素晴らしさとキャラクターデザインの可愛さに惹かれ1年半前から活動開始Game Makerのギミック構築を得意とするゲームクリエイターGameJamの参加とGame Maker Fundへの挑戦を活動目的とした非公式ゲームクリエイターチームを構築中。

Sho氏:Game Maker Designer

サトウタナカ氏(Game Maker Designer)

勢いと雰囲気、妄想でワクワクを生み出すクリエイター。
The Sandbox Game Maker Designerとして、メタバース空間制作活動中。『The Sandbox』公式イベント第6回Game Jam 3位受賞。
第4回Game Jamでは、左手2本、右手3本の指を骨折しながらもゲームを完成させた実績あり。普段は日本代表クラスに一般的な会社員。深夜サトウタナカとして創作活動中。
2021年10月より、コレクタブルNFT「I am SatoTanaka」の製作活動もしている。

サトウタナカ氏:Game Maker Designer

The Sandboxとは?

元々約4000万ダウンロードされたスマホ向け2Dゲームを、NFT利用ができるよう新たにリリースされたスクエアエニックスやソフトバンクなどの大企業も出資するブロックチェーンゲーム。
独自通貨SAND(サンド)を利用して、土地、アイテム・アート作品、3Dゲームなどを制作・売買できる自由系メタバース。
ボクセルアートのアバターが特徴となっている。

The Sandbox:公式サイト

デジタルハリウッドSTUDIOとは?

日本全国37拠点に拡がるWebと動画を学べるラーニングスタジオ。
「好きなことを、好きな時間で、好きな場所で、自分らしく学ぶ」為の専用学習システム(デジタルハリウッドSTUDIO専用LMS:Any)を軸に、受講生が自身の理解度を詳しく確認できる独自の評価システム、受講目的に応じた問題解決ができる対面式サポートなどの環境を揃えている。

デジタルハリウッドSTUDIO:公式サイト

デジタルハリウッド拠点一覧

会社概要

デジタルハリウッド株式会社

住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F/4F
代表取締役社長兼CEO:吉村毅
設立:1994年10月

デジタルハリウッド株式会社:公式サイト

デジタルハリウッド株式会社:Twitter

デジタルハリウッド株式会社:YouTube

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間