Edoverse(江戸バース)のWeb3・ブロックチェーン開発パートナーとしてOnplanetz(株)が参画

Onplanetz株式会社 (東京都渋谷区、代表取締役:権暁成)は、メタバース空間に江戸城を中心とした江戸の町を再現する「Edoverse(江戸バース)」プロジェクトの『web3・ブロックチェーン開発パートナー』として参画する事を発表しました。

発表によると、Edoverse全体のエコシステムやトークンエコミクス開発支援、メタバース設計連携など包括的に対応していくとのこと。

特集!今話題の江戸バース(Edoverse)

▶ 特集!江戸バースへ

【関連記事】江戸の町を再現した「Edoverse」が説明会を実施

 ☑ メタバース用語集はこちら

WEB3・ブロックチェーン開発パートナーの役割

Onplanetz(株)はWEB3・ブロックチェーン開発パートナーとして、Edoverseプロジェクトにおける以下の役割を担う。

・ブロックチェーンエコシステムの設計
・NFT(非代替性トークン)やFT(代替性トークン)の全体開発デザイン
・スマートコントラクトの設計や開発デザイン
・ウォレット設計や開発デザインなど

「Edoverse(江戸バース)」とは?

江戸城を中心とした江戸の街をメタバースに再現するプロジェクトで、德川宗家第19代德川家広氏が監修。
NFTを活用したエコシステムが存在し、NFTアート、DeFi(分散型金融)、Play to Earn(P2E)要素を持った仮想空間として、日本文化・芸術への理解促進、教育格差・貧困問題の解決を目指すとしており、正式スタートは2023年後半の予定。

 ▶ Edoverse(江戸バース):公式サイト

 ▶ Project Edoverse:公式サイト

 ▶ 江戸バースウイークリーインサイダー(YouTube)

出典元:江戸バースウイークリーインサイダー

会社概要

Onplanetz株式会社 (オンプラネッツ)

住所:東京都渋谷区鶯谷町3-1 SUビル
代表者:權 暁成(Ken Akinari)
設立:2017年12月
主な事業内容:
1.ブロックチェーン技術を活用したweb3/メタバース開発事業
2.AI技術を活用したDXコンサル・開発事業

Onplanetz株式会社:公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間