メタバース・NFTに特化したマッチングの場「MetaWorks(メタワークス)」を8月1日より提供開始

株式会社contronym(東京都品川区、代表取締役CEO:藤田 隆太、長野 陸)は、メタバースとNFTに特化したクラウドソーシングプラットフォーム「MetaWorks(メタワークス)」の提供を8月1日(月)より開始すると発表しました。

【関連記事】自社で簡単にメタバースを構築可能!『Vma dome』

 ☑ メタバース用語集はこちら

MetaWorks(メタワークス)とは?

MetaWorksに登録されているメタバースやNFTに関わるクリエイティブ制作のプロとクライアントをマッチングさせるためのプラットフォーム。
メタバース制作を検討しているクライアントは、ノウハウが無くても簡単にメタバース関連のクリエイティブ制作を依頼することが可能となっており、クリエイターも会員登録するだけでクライアントからの依頼を受けることができる仕組み。
なお、クライアント、クリエイターともメールで簡単に会員登録ができ、登録料は無料となっている。

MetaWorks:公式サイト

メタバース・NFT特化型クラウドソーシングプラットフォーム「MetaWorks」サービス内容

様々な分野に対応

アバター制作・メタバース開発・VR制作・NFTアート・3Dモデリング・メタバース内でのアルバイトなど様々な分野で依頼が可能となっている。

仕事の依頼は簡単な3ステップで完結

クライアント・クリエイター共、無料の会員登録をした後は、簡単な3ステップでマッチングが可能なシステムとなっている。

メタバース・NFT特化型クラウドソーシングプラットフォーム「MetaWorks」簡単3ステップ

会社概要

株式会社contronym(コントロニム)

代表取締役CEO:藤田 隆太、長野 陸
本社所在地:東京都品川区西五反田2-9-7-407
設立:2022年2月
事業内容:
メタバース/NFTプラットフォーム事業、新規事業開発支援、AIシステムの開発・サービス提供

株式会社contronym:公式サイト

参考元・引用元公式発表

関連記事

spot_img

人気記事 - 過去7日間